田村良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田村 良平(たむら りょうへい、1917年10月13日 - 1995年12月16日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(7期)。元自民党参議院議員の田村公平は長男。

来歴・人物[編集]

高知県土佐山田町で、政治家・田村實、淑美の三男として生まれる[1]1940年早稲田大学政経学部学部卒。1947年に高知県議に初当選。5期務めた。1963年第30回衆議院議員総選挙吉田茂元首相の後継者として高知県全県区から立候補し当選する(当選同期に小渕恵三橋本龍太郎小宮山重四郎伊東正義田中六助渡辺美智雄藤尾正行佐藤孝行中川一郎三原朝雄鯨岡兵輔西岡武夫奥野誠亮など)。以後当選7回。自民党では藤山愛一郎水田三喜男派に所属したが、水田の没後は田中派(木曜クラブ)に移籍。建設政務次官、衆議院地方行政委員長を務めた。1990年第39回衆議院議員総選挙には出馬せず引退した。

1995年12月16日死去。享年78。

栄典[編集]

1988年、勲二等旭日重光章受章[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『高知県人名事典 新版』486頁。
  2. ^ 「秋の叙位叙勲4538人、晴れの受章 隠れた功労者、史上2位の1741人」『読売新聞』1988年11月3日朝刊

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『高知県人名事典 新版』高知新聞社、1999年。


議会
先代:
中山利生
日本の旗 衆議院地方行政委員長
1982年 - 1983年
次代:
大石千八