田村貞雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田村 貞雄(たむら さだお、1937年8月21日- )は、日本歴史学者、日本史研究者、静岡大学名誉教授。

来歴[ソースを編集]

山口県徳山市(現周南市)出身。1960年東京教育大学文学部史学科卒、1967年同大学院博士課程満期退学、北海道教育大学釧路分校講師、69年助教授、1974年静岡大学教養部助教授、78年教授、情報文化学部教授。2001年定年退官、名誉教授[1]

近代史が専門。明治六年政変をめぐって毛利敏彦が提起した西郷隆盛征韓論者ではなかったとする説を批判し、毛利と激しく論争した。

著書[ソースを編集]

  • 『殖産興業』教育社歴史新書 1977
  • 地租改正と資本主義論争』吉川弘文館 1981
  • 『日本史をみなおす 地域から撃つ国家の幻想』青木書店 1986
  • 『ええじゃないか始まる』青木書店 1987
  • 『新編日本史をみなおす 1 (地域と文化)』青木書店 1996
  • 『新編日本史をみなおす 2 (戦争と近代)』青木書店 1997
  • 秋葉信仰の新研究』岩田書院、2014 

共編著[ソースを編集]

  • 『山口県自由民権運動史料集』編 マツノ書店 1983
  • 『初代山口県令中野梧一日記』校注 マツノ書店 1995
  • 『秋葉信仰』監修 中野東禅,吉田俊英編 雄山閣出版 1998
  • 徳川慶喜と幕臣たち 十万人静岡移住その後』編著 静岡新聞社出版局 1998
  • 『形成期の明治国家』編 吉川弘文館 幕末維新論集 2001
  • 前原一誠年譜』校注 マツノ書店 2003
  • 『明治期日本の光と影』阿部猛共編 同成社 2008
  • 『「ええじゃないか」の伝播』編 2010 岩田書院ブックレット

参考[ソースを編集]

[ソースを編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』