田村邦栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
田村邦栄
Tamura Kuniyoshi.jpg
田村邦栄
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 嘉永5年5月20日1852年7月7日
死没 明治20年(1887年2月26日
改名 石川啓之進(幼名)、田村栄顕、邦栄
別名 通称:内膳
戒名 常昌院殿安道邦栄大居士
墓所 東京都港区青山霊園
官位 従五位下右京大夫子爵
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
陸奥一関藩
氏族 石川氏田村氏
父母 石川義光、守屋勝治娘
田村通顕
兄弟 石川邦光邦栄、石川俊在、崇顕
石川光親、従子、元子、ほか
田村顕謨次女・照
丕顕、森長祥室
崇顕
テンプレートを表示

田村 邦栄(たむら くによし)は、江戸時代後期の大名陸奥国一関藩10代藩主。官位従五位下右京大夫。維新後は華族子爵)。

生涯[編集]

嘉永5年(1852年)5月20日、陸奥仙台藩一門筆頭・角田石川家13代当主・石川義光の七男として誕生。幼名は啓之進。義光の祖母・藤姫が一関藩5代藩主・田村村資の姉妹である。

文久3年(1863年)10月に陸奥一関藩主・田村通顕(のち伊達茂村)が宗家の仙台藩主・伊達慶邦の養子となったため、通顕の養子となって田村栄顕(よしあき)と名乗る。のちに慶邦から偏諱を受け邦栄に改名する。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では仙台藩と共に奥羽越列藩同盟に参加して薩長軍と戦ったが、敗戦し降伏。12月7日に隠居・謹慎を命じられ、弟・崇顕に家督を譲った。

明治2年(1869年)9月に赦免され従五位に復す。その後は新政府に出仕し、宮中勤番や海軍御用掛などを歴任する。明治15年(1882年)には弟・崇顕から家督を返上され、明治17年(1884年)7月8日、子爵となった[1]。明治20年(1887年)2月26日死去。享年36。田村家の家督および爵位は子・丕顕が相続している[2]

系譜[編集]

  • 父:石川義光(1814-1874)
  • 母:守屋勝治の娘
  • 養父:田村通顕(1850-1867)
  • 兄弟姉妹
    • 長男:某:早世
    • 長女:植子 -早世
    • 次女:清子 -早世
    • 三女:順子 -早世
    • 四女:従子 - 伊達邦孚
    • 次男:石川小源太 - 早世
    • 三男:石川鏗三郎 - 早世
    • 五女:郷子 - 早世
    • 四男:石川邦光(1844-1923)
    • 五男:某 - 早世
    • 六男:某 - 早世
    • 六女:姚子 - 早世
    • 七女:安子 -
    • 七男:田村邦栄
    • 八女:頼子 - 早世
    • 九女:算子 - 小梁川氏室
    • 十女:元子 - 井上嘉矩室、子に井上成美
    • 八男:石川俊在 - 始め黒沢俊親の養子、離縁後石川姓に復し北海道移住
    • 九男:田村崇顕(1858-1922) - 同母兄・田村邦栄の養子。
    • 十一女:末子 - 早世
    • 十男:石川光親(1860-1918) - 始め窪田周司の養子、離縁後石川姓に復し北海道移住
    • 十一男:石川鶴雄 - 早世
    • 十二女:鶴子 - 天野氏室
  • 正室:照 - 田村顕謨の次女
  • 生母不明の子女
  • 養子

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、85-86頁。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
一関田村家初代
1884年 - 1887年
次代:
田村丕顕