田村邦男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たむら くにお
田村 邦男
本名 田村 邦夫 (たむら くにお)
生年月日 (1907-07-15) 1907年7月15日
没年月日 (1941-02-12) 1941年2月12日(33歳没)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市長久寺町(現在の同市東区白壁
死没地 中華民国の旗 中華民国 山西省
身長 157cm
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1928年 - 1939年
主な作品
『天国その日帰り』
『時代の驕児』
『弥次喜多 江戸の巻』
戦国奇譚 気まぐれ冠者

田村 邦男(たむら くにお、1907年7月15日 - 1941年2月12日[1])は、日本の俳優である[2][3][4][5]。本名田村 邦夫(たむら くにお)[2][3]日本大学相撲部出身、157cmの短躯ながら90kgの巨漢俳優として知られる[2][3]

人物・来歴[編集]

1907年明治40年)7月15日愛知県名古屋市長久寺町(現在の同市東区白壁)に生まれる[2][3]

1920年(大正9年)、旧制・名古屋中学校(現在の名古屋高等学校)に入学、バスケットボールおよび柔道において、学生選手として活躍した[2]。1925年(大正14年)、同校を卒業して、東京に移り、日本大学専門部商科旧制大学専門部)に進学、相撲部に所属して大毎大会(現在の全国学生相撲選手権大会)等で活躍し、その一方で日本大学劇研究会にも所属して演劇にも関わった[2][3]

1928年(昭和3年)3月、同学を卒業し、京都に移り、日活大将軍撮影所現代劇部に入社、同年5月25日に公開された伊奈精一監督の『地下鉄三吉』に出演し、「田村 邦男」の芸名で映画界にデビューする[2][3][4]。同部には早稲田大学相撲部出身の俳優・浅岡信夫や、柔道四段を誇る俳優・広瀬恒美がおり、浅岡が監督し広瀬が主演した『大学選手』や『奮戦王』、広瀬が監督し浅岡が主演した『北極星』に田村も出演して、「日活スポーツ俳優」の一角を担った[2][4]。同撮影所が日活太秦撮影所(のちの日活京都撮影所および大映京都撮影所)に移転し、1929年(昭和4年)1月20日に公開された内田吐夢監督の『娑婆の風』以降、体格を生かした愛嬌のある役柄を得るようになる[2][4]

「奇行の人」として知られ、とくに借金の名人で、当時の日活京都撮影所長の池永浩久に対して、巧みな弁舌で前借りを繰り返したという[2]。憎めない性格と誇張のない演技から、内田吐夢村田実溝口健二池田富保マキノ正博稲垣浩といった一線級の監督陣に重宝され、愛された[2]。『時代の驕児』等では、山上伊太郎の書いた脚本のイメージ通りの芝居を完璧にこなしたと賞讃されている[2]。『弥次喜多 江戸の巻』『弥次喜多 箱根の巻 富士の巻』では、高勢実乗との弥次喜多コンビで魅了した[2]

1934年(昭和9年)には日活を退社、市川右太衛門プロダクション第二部に移籍して、剣戟映画に出演、同年末には新興キネマの同京都撮影所(のちの東映京都撮影所)に移籍している[4]マキノトーキー製作所が設立されたのは1935年(昭和10年)末であるが、田村は翌1936年(昭和11年)7月ころには移籍しており、同年7月8日には、新興キネマ製作、木村恵吾監督の『燗漫城』と、マキノトーキー製作、根岸東一郎マキノ正博共同監督の『芝浜の革財布』が同日公開されることになる[4]。同社は1937年(昭和12年)4月末には解散しており、葉山純之輔大内弘ら大半の俳優が新興キネマ京都撮影所に移籍したのと同様、同撮影所に戻った[4][6]。しかしながら、マキノ正博、澤村國太郎光岡龍三郎、田村と同期の水原洋一團徳麿志村喬大倉千代子大久保清子らは日活京都撮影所に移籍しており、田村も、1938年(昭和13年)が明けると、日活に移籍した[4][6]

1939年(昭和14年)9月14日に公開された倉谷勇監督の『戦鼓』を最後に、出演記録が途絶える[2][4][5]。1942年(昭和17年)1月27日、戦時統合によって大映が設立され、日活京都撮影所は大映京都撮影所となるが、継続入社したというような記録もなく、満32歳以降の消息は不明とされていたが[2][4]1941年(昭和16年)2月の『都新聞(現・東京新聞)』で中華民国(当時は北支と呼称)の山西省で病死したと報じられている[1]。満33歳没。

フィルモグラフィ[編集]

すべてクレジットは「出演」である[4][5]。公開日の右側には役名、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[7]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

日活大将軍撮影所[編集]

すべて製作は「日活大将軍撮影所」、配給は「日活」である[4]

  • 『地下鉄三吉』 : 監督伊奈精一、1928年5月25日公開
  • 『新日本の謙児』 : 監督三枝源次郎、1928年6月22日公開 - 鼻と呼ばれる男[5]
  • 『大学選手』 : 監督浅岡信夫、1928年7月6日公開[2][5]
  • 『頼まれた花婿』 : 監督木藤茂、1928年8月17日公開 - 理髪美容院の主人
  • 北極星』 : 監督広瀬恒美、1928年9月6日公開[2] - 水夫[5]
  • 『奮戦王』 : 監督浅岡信夫、1928年12月31日公開[2] - 正木製薬社員[5]

日活太秦撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「日活太秦撮影所」、配給は「日活」である[4]

  • 『娑婆の風』 : 監督内田吐夢、1929年1月20日公開 - 柴田兵助[5]
  • 『スキー猛進』 : 監督木藤茂、1929年2月8日公開[2]
  • 『英傑秀吉』 : 監督池田富保、1929年3月31日公開 - 足軽儀右衛門
  • 『近郊夜話』 : 監督長倉祐孝、1929年製作 - 自動車屋主人[5]
  • 『日活行進曲 戦争篇』 : 監督三枝源次郎、1929年7月7日公開 - 戦友[5]
  • 風船玉』 : 監督木藤茂、1929年7月26日公開 - 江村[5]
  • 『大闘陣』 : 監督渡辺邦男、1929年8月15日公開 - 掏摸・鼬の源次[5]
  • 『大洋児出船の港』(『太洋児出船の港』) : 監督内田吐夢、1929年8月31日公開 - 金八(漁夫)[5]
  • 『修羅城 水星篇 火星篇』 : 監督池田富保、1929年10月1日公開 - 百姓太郎作
  • 『刀を抜いて』 : 監督高橋寿康、1929年10月25日公開 - 出鱈目の半二
  • 都会交響楽』 : 監督溝口健二、1929年11月29日公開 - ピン公
  • 』 : 監督内田吐夢、1929年12月31日公開 - チョロ竹、現存(NFC所蔵[7]
  • 藤原義江のふるさと』 : 監督溝口健二、1930年3月14日公開 - ボーイ三吉、現存(NFC所蔵[7]
  • 元禄快挙 大忠臣蔵 天変の巻 地動の巻』 : 監督池田富保、1930年4月1日公開 - 糟谷平馬、1分の断片が現存(NFC所蔵[7]
  • 唐人お吉』 : 監督溝口健二、1930年7月1日公開 - 松
  • 『初恋日記』 : 監督木藤茂、1930年7月18日公開
  • 『天国其日帰り』(『天国その日帰り』[8]) : 監督内田吐夢、1930年7月25日公開 - 朝日奈徳八・主演、11分の部分が現存(NFC所蔵[7]
  • 日本晴れ』 : 監督阿部豊、1930年10月10日公開 - 主演
  • 『娘突貫100哩』 : 監督伊奈精一、1930年12月5日公開 - 重役
  • 『山に鳴る男』 : 監督木藤茂、1931年2月20日公開 - 社長
  • 『ミスター・ニッポン 前後篇』 : 監督村田実、1931年3月20日公開 - 平島
  • 『レヴューの踊子』 : 監督木藤茂、1931年6月5日公開 - 三吉
  • 仇討選手』 : 監督内田吐夢、1931年12月18日公開 - 講釈師
  • 『浅草悲歌』 : 監督東坊城恭長、1932年1月14日公開
  • 『彼女への飛来』(タックル) : 監督木藤茂、1932年3月10日公開[2]
  • 『田吾作ホームラン』 : 監督池田富保、1932年3月17日公開 - 沼田慎蔵
  • 上海』 : 監督村田実、1932年4月29日公開 - ギャング手下珍
  • 『港の抒情詩』 : 監督三枝源次郎、1932年6月24日公開 - 沖
  • 『腕を組んで』 : 監督木藤茂、1932年7月8日公開 - 主演
  • 『旅は青空』 : 監督稲垣浩、製作片岡千恵蔵プロダクション嵯峨野撮影所、配給日活、1932年7月14日公開 - 板倉万太郎
  • 『社長さんはお人好し』 : 監督吉村廉、1932年7月22日公開 - 主演
  • 『無軌道市街』 : 監督伊奈精一、1932年10月20日公開 - 小西良一
  • 『時代の驕児』 : 監督稲垣浩、製作片岡千恵蔵プロダクション、配給日活、1932年12月22日公開 - でっちり権三
  • 『彼女の道』 : 監督熊谷久虎、1933年2月8日公開 - 兵六
  • 伊庭八郎』 : 監督荒井良平、1933年3月8日公開 - 植木屋鎌吉
  • 『結婚適齢記』(『結婚適令記』[9]) : 監督青山三郎、1933年3月23日公開 - 富小路子爵[10]、現存(NFC所蔵[7]
  • 『振分け小平』 : 監督清瀬英次郎、1933年6月8日公開 - 明神の徳
  • 盤嶽の一生』 : 監督山中貞雄、1933年6月15日公開 - 追剥
  • 戯れに恋はすまじ』 : 監督青山三郎、1933年7月20日公開 - 横溝博士
  • 『東京祭』 : 監督牛原虚彦、1933年9月29日公開
  • 『弥次喜多 江戸の巻』 : 監督清瀬英次郎、1933年12月31日公開
  • 『僕の青春』 : 監督千葉泰樹、1933年製作・公開
  • 『恋の長崎』 : 監督青山三郎、1933年製作・公開 - 主演
  • 『弥次喜多 箱根の巻 富士の巻』 : 監督清瀬英次郎、1934年1月14日公開
  • 風流活人剣』 : 監督山中貞雄、製作片岡千恵蔵プロダクション、配給日活、1934年3月1日公開 - 大倉鉄心
  • 『柔道選手の恋』 : 監督千葉泰樹、1934年4月26日公開 - 藤間義輝(通称を熊)大学時代柔道選手だった男

市川右太衛門プロダクション第二部[編集]

すべて製作は「市川右太衛門プロダクション第二部」、配給は「松竹キネマ」である[4]

  • 弓矢八幡剣』 : 監督中川信夫、1934年10月製作・公開
  • 『唄祭りお染狂乱』 : 監督古野英治、1934年11月製作・公開
  • 『血煙大菩薩』 : 監督渡辺新太郎、1934年11月製作・公開
  • 『武州遊侠術』 : 監督稲葉蛟児、1934年製作・公開

新興キネマ京都撮影所[編集]

『浪華悲歌』(監督溝口健二、1936年)メインタイトル。

特筆以外すべて製作は「新興キネマ京都撮影所」、配給は「新興キネマ」である[4]

  • 『春姿娘道中』 : 監督東坊城恭長、1935年1月10日公開 - 社長夫人メリー
  • 『鼻唄奇兵隊』 : 監督金田繁、製作新興キネマ東京撮影所、配給新興キネマ、1935年2月28日公開 - 浪人滝銑十郎・主演
  • 『なりひら小僧 春霞八百八町』 : 監督マキノ正博・山本松男、製作嵐寛寿郎プロダクション、配給新興キネマ、1935年3月21日公開 - さんぴん山三
  • 『黄門漫遊記』 : 監督押本七之輔、1935年4月18日公開 - 脇谷箒之守
  • 『長崎留学生』 : 監督野淵昶、1935年5月1日公開 - 塾生伊田真吉
  • 『姓は丹下名は茶善』 : 監督藤田潤一、1935年5月8日公開 - 丹下茶善・主演
  • 『男三十前』 : 監督牛原虚彦、製作高田プロダクション、配給新興キネマ、1935年5月15日公開 - 郡会議員
  • 戦国奇譚 気まぐれ冠者』 : 監督伊丹万作、製作片岡千恵蔵プロダクション、配給日本映画配給社、1935年5月30日公開 - 髯の勘十、現存(NFC所蔵[7]
  • 十六夜日記』 : 監督山内英三、1935年7月25日公開 - 貞丈
  • 『情熱の不知火』 : 監督村田実、製作片岡千恵蔵プロダクション嵯峨野撮影所、配給新興キネマ、1935年8月1日公開 - 長崎の与力千部丹介
  • 『太閤記 藤吉郎走卒の巻』 : 監督滝沢英輔、1935年8月15日公開 - 川島宇一
  • 剣客商売』 : 監督土肥正幹(鈴木桃作)、1935年8月22日公開 - 田村丹九郎・主演、12分の部分が現存(NFC所蔵[7]
  • 『魔風一騎 前篇 北斗の巻』 : 監督山上伊太郎、製作片岡千恵蔵プロダクション、配給日本映画配給社、1935年9月19日公開 - 神主卜斎
  • 『御存知文七元結 江戸ッ子長兵衛』 : 監督山内英三、1935年10月10日公開 - 左官職人長兵衛
  • 『お姫様道中記』 : 監督山内英三、1935年10月24日公開 - 用心棒大河原伝九郎
  • 『右門捕物帖 花嫁地獄変』 : 監督二川文太郎、製作嵐寛寿郎プロダクション、配給新興キネマ、1935年11月16日公開 - 浪人関野又兵衛重成
  • 『風流奴髭』 : 監督松田定次、録音マキノ正博、1935年12月14日公開 - 仲間半助
  • 『海内無双』 : 監督滝沢英輔、製作市川右太衛門プロダクション、配給松竹キネマ、1936年1月5日公開 - 岡ツ引壁六
  • 太閤記 藤吉郎出世飛躍の巻』 : 監督渡辺新太郎、1936年1月5日公開 - 川島宇一
  • 『春色五人女』 : 監督石田民三、1936年1月10日公開 - 千両の百介
  • 『若衆白柄組』 : 監督山内英三、1936年1月31日公開 - 力士花の山源太
  • 『文政妖婦伝 姐妃殺し』 : 監督石田民三、1936年2月21日公開 - 伝さん
  • 『快傑黒頭巾 前篇』 : 監督渡辺新太郎、1936年3月21日公開 - 天命堂
  • 『快傑黒頭巾 後篇』 : 監督渡辺新太郎、1936年4月29日公開 - 天命堂
  • 『桃色武勇伝』 : 監督山内英三、1936年5月7日公開 - 主演、11分の部分が現存(NFC所蔵[7]
  • 『浪華悲歌』 : 監督溝口健二、製作第一映画嵯峨野撮影所、配給松竹キネマ、1936年5月28日公開 - 医師・横尾雄、現存(NFC所蔵[7]
  • 『五月晴一本鎗』 : 監督石田民三、1936年6月12日公開 - 瓦職人栗蔵
  • 『燗漫城』 : 監督木村恵吾、1936年7月8日公開 - 阿修羅丸

マキノトーキー製作所[編集]

『槍持街道』(監督中川信夫、1936年)、左が田村、右の女優が月澄江

初期の特筆以外すべて製作・配給は「マキノトーキー製作所」である[4]

  • 芝浜の革財布』 : 監督根岸東一郎・マキノ正博、配給千鳥興行、1936年7月8日公開 - 熊五郎・主演、現存(NFC所蔵[7]
  • 『艶福佐官侍』 : 監督根岸東一郎、配給千鳥興行、1936年7月31日公開 - 主演
  • 『怪盗影法師』 : 監督マキノ正博、配給千鳥興行、1936年9月23日公開
  • 『槍持道』(『槍持街道』) : 監督中川信夫、配給千鳥興行、1936年9月23日公開 - 市助・主演、数分の断片が現存(大阪芸術大学所蔵[11]
  • 『歌舞伎剣法』 : 監督松田定次、1936年10月15日公開 - 主演
  • 『青春五人男 前篇』 : 監督マキノ正博、応援監督姓丸浩、1937年1月10日公開 - 主演
  • 『青春五人男 後篇』 : 監督マキノ正博・姓丸浩、1937年1月24日公開 - 主演
  • 『二階の花嫁』 : 監督久保為義、1937年1月31日公開 - 一郎・主演
  • 『花婿百万石』 : 監督マキノ正博、応援監督姓丸浩、1937年3月10日公開 - 主演

新興キネマ京都撮影所[編集]

すべて製作は「新興キネマ京都撮影所」、配給は「新興キネマ」である[4]

  • 『仇討天下茶屋』 : 監督押本七之輔、1937年7月21日公開 - 早瀬家の下郎安達元右衛門
  • 『女賊と捕手』 : 監督寿々喜多呂九平、1937年9月1日公開 - 新五郎の乾分目玉の安
  • 『七度び狐』 : 監督木藤茂、1937年9月23日公開 - 旅の職人太十
  • 『旗本伝法 竜の巻』 : 監督牛原虚彦、1937年11月3日公開 - 棟介の親友伊田良八
  • 『旗本伝法 虎の巻』 : 監督牛原虚彦、1937年11月11日公開 - 棟介の親友伊田良八
  • 『忍術太平記』 : 監督堀田正彦、1937年12月31日公開 - お殿様
  • 静御前』 : 監督野淵昶、1938年1月14日公開 - 武蔵坊弁慶

日活京都撮影所[編集]

すべて製作は「日活京都撮影所」、配給は「日活」である[4]

  • 『忠臣蔵 地の巻』 : 監督池田富保、1938年3月31日公開 - 近松勘六、3分の断片が現存(NFC所蔵[7]
  • 『忠臣蔵 天の巻』 : 監督マキノ正博、1938年3月31日公開 - 近松勘六、3分の断片が現存(NFC所蔵[7]
  • 『右門捕物帖 血染の手形』 : 監督荒井良平、1938年4月28日公開 - おしゃべりの伝六
  • 次郎長一家』 : 監督松田定次、1938年5月21日公開 - 法院大五郎
  • 『花見の仇討』 : 監督久見田喬二、1938年5月26日公開
  • 『地獄の蟲』 : 監督稲垣浩、1938年10月6日公開 - お相撲の政
  • 『続水戸黄門廻国記』 : 監督池田富保、1938年10月13日公開 - 梶村新平
  • 赤垣源蔵』 : 監督池田富保、1938年11月17日公開 - 瓦版売仙太
  • 『右門捕物帖 拾万両秘聞』 : 監督荒井良平、1939年1月5日公開 - おしゃべり伝六、59分尺の版が現存[5]
  • 『長八郎絵巻 前篇 月の巻』 : 監督松田定次、1939年2月1日公開 - 松五郎[5]
  • 『長八郎絵巻 後篇 花の巻』 : 監督松田定次、1939年2月15日公開 - 松五郎[5]
  • 『袈裟と盛遠』 : 監督稲垣浩・マキノ正博、1939年3月15日公開 - 盛遠家来・小松原兼継[5]
  • 『王政復古 担龍篇 双虎篇』 : 監督池田富保、1939年3月30日公開 - 魚屋辰吉
  • 『江戸の悪太郎』 : 監督マキノ正博、1939年5月4日公開 - 駕籠昇権三、85分尺の版が現存[5](NFC所蔵[7]
  • 『春秋一刀流』 : 監督丸根賛太郎、1939年6月1日公開 - 須賀山の多駄平、現存[5]
  • 『豪快三浪人』(『豪快三浪士』[5]) : 監督紙恭平、1939年7月20日公開 - 国枝半四郎[5]
  • 『うぐいす侍』(『うぐひす侍』[5]) : 監督丸根賛太郎、1939年8月31日公開 - 若党可内
  • 『戦鼓』 : 監督倉谷勇、1939年9月14日公開 - 隊士藤沢

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『都新聞』1941年2月15日付5頁演芸欄
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t キネマ旬報社[1979], p.353-354.
  3. ^ a b c d e f 田村邦男jlogos.com, エア、2012年11月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 田村邦男日本映画データベース、2012年11月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 田村邦男日活データベース、2012年11月29日閲覧。
  6. ^ a b マキノ[1977]、p.338-374.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 田村邦男東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月29日閲覧。
  8. ^ 天国その日帰り、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月29日閲覧。
  9. ^ 結婚適令記、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月29日閲覧。
  10. ^ 結婚適齢記、日活データベース、2012年11月29日閲覧。
  11. ^ 加賀見山 槍持街道大阪芸術大学、2012年11月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]