田村隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田村 隆一
(たむら りゅういち)
誕生 田村 隆一
1923年3月18日
東京府北豊島郡巣鴨村(現・東京都豊島区
死没 (1998-08-26) 1998年8月26日(75歳没)
神奈川県鎌倉市
墓地 神奈川県鎌倉市・妙本寺
職業 詩人
翻訳家
編集者
随筆家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学士
最終学歴 明治大学文学部文芸科卒業
活動期間 1939年 - 1998年
ジャンル
翻訳ミステリー児童文学
編集
随筆
文学活動 荒地
代表作 『四千の日と夜』(1956年)
『言葉のない世界』(1963年)
『ハミングバード』(1992年)
『詩集 1999』(1998年)
主な受賞歴 高村光太郎賞(1963年)
第5回無限賞(1978年)
読売文学賞(1985年)
現代詩人賞(1993年)
配偶者 康子(1948年 - 1955年
信子(1957年 - 1961年
岸田衿子1963年 - 1969年
和子(1969年 - 1988年
悦子(1989年 - 死去)
子供 長女(康子との唯一の実子)
長男(岸田衿子との唯一の実子)
義娘(悦子の連れ子)
テンプレートを表示

田村 隆一(たむら りゅういち、1923年大正12年)3月18日 - 1998年平成10年)8月26日)は、日本の詩人随筆家翻訳家。詩誌『荒地』の創設に参加し、戦後詩に大きな影響を与えた。

来歴・人物[編集]

東京府北豊島郡巣鴨村(現在の東京都豊島区南大塚)に生まれる。生家は祖父の代から鳥料理店「鈴むら」を経営していた。東京府立第三商業学校卒業後、東京瓦斯に入社するも1日も出社せず退職した。研数学館での浪人生活を経て、明治大学文芸科を卒業する。

1939年中桐雅夫編集『ル・バル』に参加する。鮎川信夫北村太郎、森川義信、衣更着信三好豊一郎牧野虚太郎らと知り合う。 1943年12月、学徒出陣で帝国海軍に二等水兵として入隊、海軍兵科第4期予備学生を経て、海軍少尉となり、滋賀海軍航空隊へ着任した。長身を猫背に曲げて歩き、靴の踵が30度も外側にすり減り、士官服を着た文士崩れにしか見えなかった。士官にもかかわらず練習生と共に食事をし、(通常、練習生と食事をする上官は直属班長の下士官だけであった)、練習生がいたずら半分で山盛りにした飯を平気で平らげ、練習生に限りない親しみを感じさせるようになった。[1] そのまま戦地へ出ること無く、1945年の敗戦を迎えることになるが、同期生や友人が戦死したことが心に大きな傷を残すことになった。[2] 1947年、鮎川信夫、北村太郎らと『荒地』を創刊する。

1950年より翻訳を開始する。処女訳書はアガサ・クリスティ『三幕の殺人』。その版元であった早川書房に1953年より57年まで勤務、編集と翻訳にあたる。当時の部下だった福島正実都筑道夫らの回顧文では「有能だが、あまり仕事をしない、風流人」として描かれている。退社後は他の出版社とも仕事をし、数多くの推理小説や絵本を紹介した。

1956年に処女詩集『四千の日と夜』を刊行した。この詩集は2年後に筑摩書房の『現代日本文学全集』に収録されるという評価を受けている。1963年、『言葉のない世界』で高村光太郎賞を受賞する。1967年から翌年にかけては、アメリカのアイオワ州立大学に客員詩人として招かれた。その後、1971年にも谷川俊太郎らと渡米し、詩の朗読を行った。同年、英訳詩集『World Without Words』出版(Takako Uchino Lento訳)。1978年、『詩集1946~76』(最初の全詩集)によって第5回無限賞を受賞する。1985年、『奴隷の歓び』で読売文学賞を受賞する。1993年、『ハミングバード』で現代詩人賞を受賞する。

軽妙なエッセイも得意とし、『ぼくの遊覧船』『青いライオンと金色のウイスキー』ほかの著書がある。

晩年は萩原朔太郎賞の選考委員を務め、テレビ番組への出演も行うなど、旺盛な活動ぶりを見せた。「おじいちゃんにも、セックスを。」というコピー(制作は前田知巳)が打たれた宝島社の広告にモデルとして登場し、大きなインパクトを与えた。1998年8月26日、食道癌のため死去した。享年75。最後の詩集は朝日新聞社から死後に刊行された『帰ってきた旅人』である。戒名は泰樹院想風日隆居士[3]

吉本隆明は「日本でプロフェッショナルだと言える詩人が三人いる。それは田村隆一、谷川俊太郎吉増剛造だ」と評している。

最初の妻は鮎川信夫の妹[4]。2度目の妻は福島正実の従姉妹[5]岸田衿子は3度目の妻[6]。4度目の妻和子は彫刻家・高田博厚の娘で、北村太郎との関係[7]ねじめ正一の小説『荒地の恋』のモデルとなり[8]、2016年WOWOWでテレビドラマ化された[9]。最後の妻は田村悦子[10]

作品[編集]

詩集[編集]

  • 『詩集 四千の日と夜 1945-1955』東京創元社 1956
  • 『言葉のない世界』昭森社 1962 - 高村光太郎賞受賞
  • 『田村隆一詩集』第1-3 思潮社 1966
  • 『緑の思想』思潮社 1967
  • 『新年の手紙』青土社、1973
  • 『死語』河出書房新社 1976
  • 『誤解』集英社 1978
  • 『水半球』書肆山田 1980
  • 『スコットランドの水車小屋』青土社 1982
  • 『5分前』中央公論社 1982
  • 『陽気な世紀末』河出書房新社 1983
  • 『空気遠近法』東京現代版画工房 1983 - 奈良原一高写真
  • 『奴隷の歓び』河出書房新社 1984 - 読売文学賞受賞
  • 『ワインレッドの夏至』集英社 1985
  • 『毒杯』河出書房新社 1986
  • 『生きる歓び』集英社 1988
  • 『新世界より』集英社 1990
  • 『ぼくの航海日誌』中央公論社 1991
  • 『Torso』求竜堂 1992
  • 『ハミングバード』青土社 1992 - 現代詩人賞受賞
  • 『灰色のノート』集英社 1993
  • 『狐の手袋』新潮社 1995
  • 『花の町』河出書房新社 1996 - 荒木経惟写真
  • ロートレックストーリー』講談社 1997
  • 『詩集 1999』集英社 1998
  • 『帰ってきた旅人』朝日新聞社 1998

小説[編集]

エッセイなど[編集]

  • 『若い荒地』思潮社 1968 のち講談社文芸文庫
  • 『青い廃墟にて 対話集』毎日新聞社 1973
  • 『泉を求めて 対話集』毎日新聞社 1974
  • 『ぼくの遊覧船』文藝春秋 1975
  • 『青いライオンと金色のウイスキー』筑摩書房 1975
  • 『インド酔夢行』日本交通公社出版事業局 1976 のち集英社文庫、講談社文芸文庫
  • 『詩人のノート 1974・10・4-1975・10・3』朝日新聞社、1976 のち選書、講談社文芸文庫
  • 『ぼくの交響楽』文藝春秋 1976
  • 『あたかも風のごとく 対談集』風濤社 1976
  • 『書斎の死体』河出書房新社 1978
  • 『砂上の会話 対談集』実業之日本社 1978
  • 『ジャスト・イエスタディー』小沢書店 1978
  • 『鳥と人間と植物たち 詩人の日記』主婦の友社 1979 のち徳間文庫
  • 『ウィスキー讃歌 生命の水を求めて』佐伯泰英写真 平凡社カラー新書 1979
  • 『性的経験』潮出版社 1980、「ぼくの性的経験」徳間文庫
  • 『ぼくの憂き世風呂』集英社 1980 のち文庫
  • 半七捕物帳を歩く ぼくの東京遊覧』双葉社 1980、のち朝日文庫、他に「ぼくの東京」徳間文庫
  • 『ぼくの中の都市』出帆新社 1980
  • 『もっと詩的に生きてみないか きみと話がしたいのだ』PHP研究所 1981
  • 『詩人の旅』PHP研究所 1981 のち中公文庫 のち増補版
  • 『小鳥が笑った 田村隆一vs池田満寿夫』かまくら春秋社 1981
  • 『ボトルの方へ 酒神讃歌』河出文庫 1982
  • 『酒飲みちょっと気になる話』立風書房 1983
  • 『小さな島からの手紙』集英社文庫 1983
  • 『田村隆一ミステリーの料理事典 探偵小説を楽しむガイドブック』三省堂 1984
  • 『ぼくが愛した路地』かまくら春秋社 1985
  • 『土人の唄』青土社 1986
  • 『ぼくのピクニック 1981.7-1988.3 Note book』朝日新聞社 1988 のち文庫
  • 『ぼくの東京』徳間書店 1988 のち文庫
  • 『町の音・町の人 対談エッセイ』作品社 1989
  • 『ダンディズムについての個人的意見』メディアファクトリー 1990
  • 『ぼくの草競馬』集英社文庫 1990
  • 『殺人は面白い』徳間書店 1991 のち文庫
  • 『20世紀詩人の日曜日』マガジンハウス、1992
  • 『退屈無想庵』新潮社 1993
  • 『すばらしい新世界』新潮社 1996
  • 『詩人からの伝言』メディアファクトリー、1996
  • 『スコッチと銭湯』角川春樹事務所 1998
  • 『女神礼讃―ぼくの女性革命』廣済堂出版 1998
  • 『ぼくの人生案内』小学館、1998 のち光文社知恵の森文庫

翻訳[編集]

  • アガサ・クリスティー『三幕の殺人』早川書房 1951 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『予告殺人』早川書房 1951 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『山荘の秘密』早川書房 1952
  • アガサ・クリスティー『シタフォードの秘密』早川書房 1956 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『ねじれた家』早川書房 1957 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『スタイルズ荘の怪事件』早川書房 1957 のち文庫
  • ロアルド・ダール『あなたに似た人』早川書房 1957
  • ローラ・アードマン『おはようワレン先生』秋元書房 1958
  • アガサ・クリスティー『ゼロ時間へ』早川書房 1958 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『マギンティ夫人は死んだ』早川書房 1958 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『死者のあやまち』早川書房 1958 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『魔術の殺人』早川書房 1958 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『ゴルフ場殺人事件』早川書房 1959 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『邪悪の家』早川書房 1959 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『青列車の秘密』早川書房 1959 のち文庫
  • アガサ・クリスティー『なぜエヴァンズに頼まなかったのか?』早川書房 1959 のち文庫
  • ハッソルト・ディヴィス『二日酔よこんにちは』荒地出版社 1960
  • アガサ・クリスティー『秘密機関』早川書房 1960 のち文庫
  • A.A.フェア(E・S・ガードナー)『屠所の羊』早川書房 1961
  • エラリー・クイーン『Yの悲劇』角川文庫 1961
  • クロフツ『樽』角川文庫 1962
  • エラリイ・クイーン『Xの悲劇』角川文庫 1963
  • エラリイ・クイーン『最後の悲劇』角川文庫 1964
  • T・S・エリオット『エリオット詩集』世界の詩43:弥生書房 1966
  • エリック・アンブラー『あるスパイの墓碑銘』筑摩書房 1970
  • ジェリー・ルービン『Do it! 革命のシナリオ』岩本隼共訳 都市出版社 1971
  • ロアルド・ダール『おばけ桃の冒険』評論社 1972
  • ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』評論社 1972
  • ビル・ピート『小羊のぼうけん』岩波書店(大型絵本)1974
  • ビル・ピート『カニのふしぎなおくりもの』岩波書店(大型絵本)1975
  • コリン・ウイルソン『わが酒の讃歌 文学・音楽・そしてワインの旅』徳間書店 1975 のち文庫
  • 我が秘密の生涯』学芸書林、1975、のち富士見ロマン文庫、河出文庫
  • ヘンリー・ミラー『わが青春のともだち』北村太郎共訳 徳間書店 1976
  • ロアルド・ダール『父さんギツネバンザイ』米沢万里子共訳 評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『しあわせくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『ゆめみくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『オセッカイくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『ちびくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『くいしんぼくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『とんまくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『なまいきくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『ドスンくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『あべこべくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『ハクションくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『くすぐりくん』評論社 1976
  • ロジャー・ハーグレーヴス『ゴチャゴチャくん』評論社 1976
  • トミー・ウンゲラー『ゼラルダと人喰い鬼』麻生九美共訳 評論社 1977
  • トミー・ウンゲラー『ぼうし』麻生共訳 評論社 1977
  • 魔術師の弟子 バーバラ・ヘイズン 麻生共訳 評論社 1977
  • トミー・ウンゲラー『ラシーヌおじさんとふしぎな動物』麻生共訳 評論社 1977
  • トミー・ウンゲラー『月おとこ』麻生共訳 評論社 1978
  • ルース・クラフト、ブリューゲル絵『村のおまつり』麻生共訳 評論社 1978
  • ロアルド・ダール『ガラスのエレベーター宇宙にとびだす』評論社 1978
  • ロアルド・ダール『大きな大きなワニのはなし』評論社 1978
  • アガサ・クリスティー『牧師館の殺人』ハヤカワ・ミステリ文庫 1978
  • セシル・ビートン『ファッションの鏡』文化出版局 1979
  • デヴィッド・テイラー『こちら、動物の119番』大沢薫共訳 集英社 1979
  • アガサ・クリスティー『アクロイド殺し』ハヤカワ・ミステリ文庫 1979
  • パット・ハッチンス『風がふいたら』理論社 1980
  • ドナルド・クリューズ『はしれ!かもつたちのぎょうれつ』評論社 1980
  • アン・ライス『夜明けのヴァンパイア』早川書房、1981 のち文庫
  • トニー・ロス『ジャックとまめのつる』文化出版局 1981
  • クリストファー・メイナード『クリスマスさんとゆかいな仲間』評論社 1981
  • アガサ・クリスティー『リスタデール卿の謎』ハヤカワ・ミステリ文庫 1981
  • ロアルド・ダール『いじわる夫婦が消えちゃった!』評論社 1982
  • ロアルド・ダール『オズワルド叔父さん』早川書房 1983 のち文庫
  • セオ・レスィーグ『あたまのうえにりんごがいくつ』ペンギン社 1984
  • アガサ・クリスティー『ビッグ4』ハヤカワ・ミステリ文庫 1984
  • トム・アダムズ『アガサ・クリスティーイラストレーション』早川書房 1984
  • ヘンリー・ミラー『オプス・ピストルム '30年代パリの性的自画像』富士見ロマン文庫 1984
  • ライラン・ヤング『顔の秘密 有名人の実例でわかるあなたの運命』新潮文庫 1985
  • ディーター・シューベルト『カラスのジャック』ほるぷ出版 1985
  • アガサ・クリスティー『ABC殺人事件』ハヤカワ・ミステリ文庫 1987
  • ロイド・アリグザンダー『猫ねこネコの物語』評論社 1988
  • T・S・エリオット『キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命』ほるぷ出版 1988
  • ライマン・フランク・ボーム『サンタクロースの冒険』扶桑社 1989
  • T・S・エリオット『魔術師キャッツ 大魔術師ミストフェリーズ、マンゴとランプルの悪ガキコンビ』ほるぷ出版 1991
  • ポール・ジェラティ『あぶない!パトリック』評論社 1991
  • アンソニー・ブラウン『クマくんのふしぎなエンピツ』評論社 1993
  • エド・マクベイン『盗聴された情事』新潮文庫 1995
  • ライマン・フランク・ボーム『少年サンタの大冒険!』扶桑社 1996

選集・全集・作家論[編集]

  • 田村隆一詩集 思潮社 現代詩文庫 1968
  • 詩と批評A-D 思潮社 1969-1973
  • 腐敗性物質 自選詩集 立風書房 1971、新編 講談社文芸文庫 1997
  • 詩集 1946-1976 河出書房新社 1976
  • 新選 田村隆一詩集 思潮社 現代詩文庫 1977
  • 詩と批評E 思潮社 1978
  • 『現代の詩人3 田村隆一』 中央公論社 1983
  • ぼくの鎌倉八景 夜の江の電 沖積舎 1987
  • 田村隆一詩集 1977~1986 河出書房新社 1988
  • 唇頭の灰 沖積舎 1989
  • 続・田村隆一詩集 思潮社 現代詩文庫 1993
  • 続続・田村隆一詩集 思潮社 現代詩文庫 1993
  • 田村隆一エッセンス 河出書房新社 1999 - 青木健編・詩篇と詩論
  • 自伝からはじまる70章 大切なことはすべて酒場から学んだ 思潮社 詩の森文庫 2005
  • 『田村隆一全詩集』 思潮社、2000
  • 『現代詩読本 田村隆一』 思潮社、2000
  • 『田村隆一 20世紀詩人の肖像 KAWADE道の手帖』 河出書房新社、2010.9
  • 『田村隆一全集』 河出書房新社(全6巻)、長谷川郁夫編、2010.10-2011.3

関連項目[編集]

  • 武満徹
    マイ・ウェイ・オブ・ライフ ―マイケル・ヴァイナーの追憶に―(My Way of Life ―In Memory of Michael Vyner―, 1990年)(バリトン、混声合唱、管弦楽 - 田村隆一の詩による)
  • 四季・奈津子
    映画版に本人役で出演

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 高塚篤『予科練 甲十三期生 落日の栄光』(原書房、1972年)190~191頁
  2. ^ 英語版の翻訳
  3. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)147頁
  4. ^ 結婚の仲人は斎藤正直(宮田昇『戦後「翻訳」風雲録』より
  5. ^ 結婚の仲人は江戸川乱歩宮田昇『戦後「翻訳」風雲録 翻訳者が神々だった時代』本の雑誌社、2000年
  6. ^ 岸田衿子さん(詩人)が死去。『言葉なんかおぼえるんじゃなかった 詩人からの伝言』(ちくま文庫)収録の年譜。
  7. ^ 橋口幸子 (2015). いちべついらい 田村和子さんのこと. 夏葉社 
  8. ^ 田村和子『幸福のかたち』海竜社、1985年 『言葉なんかおぼえるんじゃなかった 詩人からの伝言』(ちくま文庫)収録の年譜。
  9. ^ 豊川悦司と鈴木京香が禁断の恋に落ちるドラマ「荒地の恋」”. 映画ナタリー. 2020年2月14日閲覧。
  10. ^ 田村隆一in Memorium展 『言葉なんかおぼえるんじゃなかった 詩人からの伝言』(ちくま文庫)収録の年譜。