田村雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たむら ゆういち
田村 雄一
生年月日 (1978-08-30) 1978年8月30日(40歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県船橋市
国籍 日本人
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 舞台ミュージカル
事務所 株式会社レ・ブリアン

田村 雄一(たむら ゆういち 1978年8月30日 - )は、日本俳優。株式会社レ・ブリアン(Les Brillants)所属。

人物・来歴[編集]

千葉県船橋市出身。船橋市立船橋高等学校から大阪芸術大学へ進学、舞台芸術学科ミュージカルコース卒業後劇団四季入団。入団以前にも数多くの舞台経験を持ち、2001年劇団四季研究所に入所したその年に、早くも「九郎衛門」の敵兵頭で四季の初舞台を踏む。

ライオンキング」のムファサ役に抜擢され、名古屋公演、東京公演を合わせ、ムファサ役として一番長い期間を務めている。その後「CATS」のマンカストラップ役を演じる。また「アイーダ」のパンフレットにラダメス役の出演予定者として名前が記載されるも、実現はしなかった。

2006年10月に劇団四季を退団後は市川亀治郎の所属していた芸能事務所、CMA(現:キャスト・プラス)に所属。2011年より株式会社クオーレに所属。2017年1月にクオーレからマネージメント部門が独立し、【株式会社レ・ブリアン(Les Brillants)】を設立、移籍した。現在ミュージカルを中心に活動の場を広げている。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 劇団四季「九郎衛門」 - 敵兵頭
  • 劇団四季「ライオンキング」 - ムファサ
  • 劇団四季「CATS」 - マンカストラップ
  • フジテレビ主催「くたばれ!ヤンキース」(2007年5月、青山劇場) - ロッキー
  • ライズプロデュース主催「R☆J LIVELIVE」(2007年6月、銀河劇場 / 新神戸 オリエンタル劇場) - リョウ
  • ライズプロデュース主催「森は生きている」(2007年8月、シアター1010) - 四月の精
  • 梅田芸術劇場「ファントム」(2008年1月、梅田芸術劇場 / 青山劇場 / 愛知厚生年金会館)
  • ライズプロデュース主催「SEMPO -日本のシンドラー 杉原千畝物語-」(2008年4月、新国立劇場中劇場 / 新神戸オリエンタル劇場 / 名鉄ホール) - グッシェ
  • 東宝「RENT」(2008年11月、シアタークリエ / シアターBRAVA!) - 全男性キャストのスウィングを務める
  • 東宝「ニューブレイン〜僕の中に春をいっぱい感じる〜」(2009年3月、シアタークリエ) - 牧師
  • ライズプロデュース主催「ROCK'N JAM MUSICAL」(2009年9月、新国立劇場小劇場)
  • 蜘蛛女のキス」(2010年1月、梅田芸術劇場 / 東京芸術劇場中ホール) - エステバン
  • フジテレビ主催「サイド・ショウ」(2010年4月、東京芸術劇場中ホール) - トッド・ブラウニング
  • 東宝「エリザベート」(2010年8月、帝国劇場) - ジュラ
  • 東宝「レ・ミゼラブル」(2011年4月、帝国劇場) - ブリジョン/ボーカル・キャプテン
  • オフィス・ミヤモト「ビクター・ビクトリア」(2011年7月、ル・テアトル銀座)
  • オフィス・ミヤモト「サイド・ショウ」(2011年10月、シアター1010 / 森ノ宮ピロティホール) - トッド・ブラウニング
  • 梅田芸術劇場 「CHESS in Concert」(2012年1月、青山劇場 / 梅田芸術劇場)
  • 東宝「エリザベート」(2012年5月〜、帝国劇場 / 博多座 / 中日劇場 / 梅田芸術劇場) - ジュラ
  • オフィス・ミヤモト「プロミセス・プロミセス」(2012年12月、新国立劇場中劇場) - アイケルバーガー
  • 東宝「レ・ミゼラブル」(2013年4月〜、帝国劇場 / 博多座 / フェスティバルホール/ 中日劇場) - 工場長/司教
  • 梅田芸術劇場 「CHESS in Concert 2nd Version」(2013年12月、東京国際フォーラム ホールC / 梅田芸術劇場)
  • ホリプロ「ラブ・ネバー・ダイ」(2014年3月、日生劇場) - ジプシー/ショーボーイ/舞台スタッフ 他
  • ミュージカル座「マリオネット」(2014年5月、六行会ホール) - ランスロット/ガルバーチョ/オルガン弾き/精神科医 他
  • サンビーム「燃えよドラゴンへの道」(2014年6月、ザ☆キッチンNAKANO) - チョワン
  • 梅田芸術劇場 「ファントム」(2014年9月、赤坂ACTシアター / 梅田芸術劇場)
  • エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ「ルードウィヒ・B〜ベートーヴェン歓喜のうた〜」2014年11月〜) 東京国際フォーラム ホールC・シアターBRAVA! - シェーンベルク聖楽隊(テノール)/ワルトシュタイン伯爵/戦地の男
  • 梅田芸術劇場 「Golden Songs」(2015年2月)東京国際フォーラム ホールC・梅田芸術劇場 - コーラス
  • 東宝「レ・ミゼラブル」(2015年4月〜)帝国劇場・中日劇場・博多座・梅田芸術劇場 - 工場長
  • 梅田芸術劇場 「CHESS THE MUSICAL」(2015年10月)東京芸術劇場プレイハウス・シアター・ドラマシティ - アンサンブル(トップ・テナー)
  • スーベニア公演実行委員会 「スーベニア〜騒音の歌姫」(2016年2月〜)シアターコクーン - ナビゲーター
  • 梅田芸術劇場 「スカーレット・ピンパーネル」(2016年10月〜)赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場・東京国際フォーラム ホールC - サン・シール侯爵/イギリス貴族/船員/兵士/元侯爵プレシー
  • 東宝「レ・ミゼラブル」(2017年5月〜)帝国劇場・博多座・フェスティバルホール・中日劇場 - 工場長
  • 梅田芸術劇場 「スカーレット・ピンパーネル」(2017年11月〜)梅田芸術劇場・赤坂ACTシアター - サン・シール侯爵/イギリス貴族/船員/兵士/元侯爵プレシー
  • 梅田芸術劇場 「マタ・ハリ」(2018年1月〜)梅田芸術劇場・東京国際フォーラム ホールC - ポール/ドイツ審査官/フランス市民/パーティの客/フランス兵/アコーディオンの老人/ドイツ将校/毛皮帽の男/ベーリッツの病院職員/裁判傍聴人/看守
  • 梅田芸術劇場 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(2018年5月〜)シアター・ドラマシティ・赤坂ACTシアター - ラリー/プレスコット/TV局員 他
  • ホリプロ「ラブ・ネバー・ダイ」(2019年1月〜、日生劇場) - ジプシー/ショーボーイ/舞台スタッフ 他

ライブ[編集]

  • 2007年
    • 1月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.1」(渋谷 公園通りクラシックス)
    • 3月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.2」(渋谷 公園通りクラシックス)
    • 5月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.3」(渋谷 公園通りクラシックス)
    • 7月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.4」(渋谷 公園通りクラシックス)
    • 9月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.5」(渋谷 公園通りクラシックス)
    • 10月 池田祐見子ライブ〜天使がここに舞い降りる(目黒・音の箱)- ゲスト出演
    • 11月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.6」(渋谷 公園通りクラシックス)
    • 12月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.7」(渋谷 公園通りクラシックス)
  • 2008年
    • 3月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.8」(渋谷 公園通りクラシックス)
    • 6月 テノール宇田松「名曲1001ライブ vol.9」(渋谷 公園通りクラシックス)
    • 同 芽映はるかライブショー(恵比寿・天窓Switch)- ゲスト出演
    • 12月 ジョナサン・ラーソン・トリビュート・コンサート (シアター・クリエ) - 司会・進行・歌
  • 2010年
    • 2月 さくらメロディ♪ St.Valentine's Dayコンサート(赤坂・CARACALLA) - ゲスト出演
    • 6月 サイドショウ・ミュージカルライブ (シアター・クリエ) - ボス&トッド・ブラウニング
    • 同  ニュー・ブレイン ガラコンサート (シアター・クリエ) - 牧師
    • 11月 ブロードウェイミュージカルライブ2010 (新国立劇場中劇場)
  • 2011年
    • 5月 レ・ミゼラブル東日本大震災チャリティー・コンサート (帝国劇場)
    • 6月 サイドショウ・ミュージカルライブ (恵比寿ザ・ガーデンホール) - ボス&トッド・ブラウニング
    • 8月 ODAIBA MUSIC ハウス (フジテレビお台場合衆国 MUSICスタジアム) - バックコーラス
  • 2014年
    • 12月 燃えよドラゴンへの道CDリリース記念Special Talk&Live (Beer Bar Gaudium)

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 2009年5月 FMたちかわ「アクロス・ザ・モーニング」

イベント[編集]

  • 2009年10月 「JAPAN国際コンテンツフェスティバル/劇的3時間SHOW・市川亀治郎」トークゲスト[1]
  • 2014年7月 「CONFÉRENCE SUR LES COMÉDIES MUSICALES FRANÇAISES フレンチ・ミュージカルトークイベント」トークゲスト

DVD・CD[編集]

DVD
  • ミュージカル「森は生きている」(2007年、ライズ・プロデュース)
    • Aバージョン
    • Eバージョン
  • ミュージカル「SEMPO」-日本のシンドラー杉原千畝物語-(2008年、ライズ・プロデュース)
CD
  • 「ニュー・ブレイン」ハイライト・ライブ録音盤(2009)[2]
  • 「燃えよドラゴンへの道」Concept Album(2014)サンビーム[3]
  • 「スウィング・イン・ザ・ミッドナイト・ブルー」石井一孝(2016)〜コーラスで参加[4]
  • 「My Favorite Songs」石丸幹二(2017)〜コーラスで参加[5]

雑誌[編集]

  • 2004年1月(No.2) - 「東海ウォーカー」 ライオンキング通信 第14回
  • 2005年8月 - 「Top Stage」vol.24、北澤裕輔 × 田村雄一 × 上田亜希子
  • 2006年6月 - 「DDD」SHIKI - MON 田村雄一的 "変化の舞台裏"
  • 2006年 - 「クロワゼ」vol.23、プロの聞く弱点克服法
  • 2006年8月 - 「Top Stage」vol.36、鈴木涼太 × 田村雄一 × 李涛
  • 2006年 - 「Shakitt(しゃきっと)」秋号、特集
  • 2010年9月「月刊ミュージカル」エリザベート・新しい時代を夢見て 岸祐二 × 谷口浩久 × 田村雄一

webコンテンツ[編集]

  • 「石井一孝の情熱マニア日記」[6]
  • 「彼方リキトノ口車」[7]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]