田村駒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
田村駒株式会社
TAMURAKOMA & Co., Ltd.
Tamurakoma Building IMG 8086-1 20161015.jpg
本社ビル
種類 株式会社
略称 田村駒
本社所在地 日本の旗 日本
541-8580
大阪市中央区安土町3-3-9
設立 1894年3月15日
業種 卸売業
法人番号 6120001084231 ウィキデータを編集
事業内容 衣料品の企画・製造・卸売
代表者 代表取締役社長 植木博行
資本金 12億4,000万円
売上高 1,110億円(2020年3月期、連結)
従業員数 523名(2020年3月期、連結)
決算期 毎年3月31日
関係する人物 田村駒治郎(二代目)
外部リンク https://tamurakoma.co.jp/
テンプレートを表示

田村駒株式会社(たむらこま)は、大阪府大阪市中央区安土町に本社を置く、日本の繊維商社である。1894年創業ならびに設立の老舗企業である。

概要[編集]

田村駒治郎(初代)が1894年(明治27年)に「神田屋田村商店」として創業[1]。アイデアマンとして知られる駒治郎の手腕により関西を中心に業容を拡大したほか、1931年に初代の死亡に伴い社長となった二代目駒治郎の手により近代的な企業としての体制整備が行われ、一時は総合商社を目指したほどの勢いがあった。

また二代目駒治郎が野球好きであったことから、戦前から戦後まもなくにかけてプロ野球松竹ロビンスを傘下に持っていたほか、都市対抗野球大会においても「庄内田村駒」(庄内は豊能郡庄内町、現在の豊中市庄内)が1939年に準優勝を飾っている。

1950年代に朝鮮特需の反動不況により経営難に陥るが、その後三和銀行などの支援で再建を果たし現在に至っている。その関係からみどり会の会員企業であり三和グループに属している[2]

沿革[編集]

現東京本社ビル
(旧BS朝日原宿コロンブスビル)
  • 1894年 「神田屋田村商店」として初代・田村駒治郎が創業
  • 1918年 「株式会社田村駒商店」として法人化される。社長・田村駒治郎、副社長に駒治郎弟・平松徳三郎[3]
  • 1934年 製造子会社として太陽レーヨン株式会社を設立、二代目駒治郎が社長就任[4]
  • 1936年 船場に6階建ての本社ビル完成。
  • 1937年 プロ野球の大東京軍(同年中に「ライオン軍」に改称、後の松竹ロビンス)に資本参加
  • 1938年 ライオン軍の株式をすべて買い取り、オーナー会社となる。
  • 1940年 日本赤十字社に1万円を寄付し、褒章条例により表彰される[5]
  • 1941年 太陽レーヨンが戦時統合により合併、帝国繊維となる(のち、航空機エンジン製造の「帝繊航空」に改称、1949年解散)
  • 1943年 社名を「田村駒株式会社」に変更
  • 1952年 松竹ロビンスの経営から撤退
  • 1957年 常盤鋼材から営業権を譲り受け、社名を「田村駒常盤株式会社」に変更[6]
  • 1977年 社名を再び「田村駒株式会社」に戻す[6]
  • 1978年 子会社として田村駒エンジニアリング株式会社を設立
  • 1990年 本社新社屋完成
  • 2014年 東京・大阪の2本社制に移行、テレビ朝日から原宿コロンブスビルを購入し移転[7]

創業者[編集]

創業者の初代田村駒治郎(1866〜1931)は、摂津国池田村槻木(現・池田市槻木町)の酒造業・笹部九兵衞(神田屋)の二男として生まれたが、家業はすでに傾いており、9歳で父親を亡くし、13歳で西田商店(現・呉春酒造)に奉公、徴兵逃れのため1883年に親戚の田村キクの養嫡子となった[8][9][10]。翌年、モスリン友禅の開発に成功した大阪の洋反物商・岡島千代造[11]の店員となり、鮮明な染色法等を完成、1891年に岡島合名会社の共同出資者となり、1894年に洋反物卸商として独立、実弟の平松徳三郎(伊丹平松家養子)とともに「神田屋田村駒商店」を創業[9][12][13]日清戦争日露戦争の好景気に乗じて業績を伸ばし、1918年に株式会社化、1921年には大阪商業会議所議員、大阪市会議員となり、1925年には多額納税者として貴族院議員となった[10]。篤志家として故郷の池田小学校の設備費を寄付したほか、66歳で没した翌年には、遺言による寄付金で池田市公会堂が建設された[10]。また、1910年に東京銀座で展示された米国流行の福の神ビリケン像を見て、自社にビリケン堂を建てて祀り、1911年には登録商標をして使用した[14][15][9]。没後、長男の駒太郎が襲名し、二代目田村駒治郎となった[16]。二代目の岳父は安田財閥安田善助 (2代目)[16]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

 

  1. ^ 田村駒治郎とは? - 田村駒
  2. ^ メンバー会社一覧 - みどり会
  3. ^ 平松徳三郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  4. ^ 田村駒治郎氏『関西名士写真録』(国勢協会, 1935)
  5. ^ 官報. 1940年08月20日
  6. ^ a b 田村駒株式会社 有価証券報告書 第129期 - 有報速報
  7. ^ テレ朝、「原宿コロンブスビル」を売却 - 文化通信.com・2014年2月14日
  8. ^ 田村駒治郎『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  9. ^ a b c 田村駒治郎池田市立図書館
  10. ^ a b c 田村駒治郎は池田市が誇る偉人!公会堂を建てビリケンを登録商標、五月山の一部を寄付いけだより、2020.4.20
  11. ^ 岡島 千代造(読み)オカジマ チヨゾウ20世紀日本人名事典
  12. ^ 平松徳三郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  13. ^ 田村駒治郎「姫室の碑」と「献灯」は兄弟3人が服飾の神様に感謝いけだより、2020.4.20
  14. ^ 市政ルポ : 池田市(大阪府) : 小さくとも世界に誇れるまち「福」あふれるまちを目指して遠藤隆 (全国市長会, 2009-11) 『市政』. 2009年(11月)
  15. ^ ビリケンさんの足の裏がテカテカで眩しい!「福の神ビリケン」、池田市栄本町に鎮座いけだより、2020.4.20
  16. ^ a b 田村駒治郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]

参考文献[編集]

  • 田村駒『繊維専門商社は生きる 田村駒九十年史』田村駒、1984年
  • 中野晴行『球団消滅 幻の優勝チーム・ロビンスと田村駒治郎』筑摩書房、2001年

関連項目[編集]