田沼氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田沼氏
家紋
七曜しちよう
本姓 藤姓足利氏族佐野氏流
家祖 佐野重綱
種別 武家
華族子爵[1]平民
出身地 下野国
主な根拠地 下野国安蘇郡田沼村
著名な人物 田沼意次
凡例 / Category:日本の氏族

田沼氏(たぬまし)は、日本の氏族のひとつ。本姓は藤原藤姓足利氏族)で佐野氏分流。下野国安蘇郡田沼村(現:栃木県佐野市田沼町)を領し、1224年(元仁元年)に佐野重綱が田沼氏を称し、家祖とする[2][3]。のち源姓清和源氏)に改める。子孫に江戸時代中後期に江戸幕府老中を務めた田沼意次がいることで知られる。

歴史[編集]

家祖から紀州藩士となるまで[編集]

元は下野国安蘇郡佐野庄に土着した佐野氏(佐野成俊)で、その分家で安蘇郡田沼村を領した佐野重綱(成俊から数えて6代目)が1224年(元仁元年)に、田沼氏として家を興す(ただし、大石慎三郎は、後世の田沼意知の暗殺原因の1つに佐野氏系図の未返還が原因だった説があることに触れ、この出自が必ずしも事実ではない可能性を指摘している)[2][3][4]。以来、鎌倉幕府に仕え鎌倉に在住していたが、3代重行の時に命により上野国世良田に行き、新田義貞に属す。その後、5代重隆の時に鎌倉公方足利満兼に仕えて鎌倉に住み、その子で6代目光房の時に本国に戻る。なお、この間、4代重信の時に田沼千本荘を領して千本と称していたが、光房が本国に戻った時に田沼に戻している[2]。光房には子がいなかかっため、新田氏の支族高瀬氏から重綱を養子にとり、7代目とする。新田氏が清和源氏の系統であることから、この頃から田沼氏は清和源氏を名乗るようになった[2]

地方の一小族として、家祖以来約400年間、所領は下野・上野・武蔵・下総・相模・甲斐と関東近辺を点々とする[3]。ただし、家祖が創建した田沼村の西林寺を変わらず菩提寺とし、この時期の家人の多くは同寺に葬られている[3]。戦国期には上杉氏や武田氏に仕え、武田氏滅亡後はしばらく信州などを放浪していたという[4][2]。12代目吉次は鉄砲の妙手と謳われ佐野氏に仕えていたが、1615年、大坂の陣と前後して、当時鉄砲組が有名であった紀州藩にその才を請われ、主家の同意を得て転属する[5][3]。吉次以降、吉重・義房・意行と4代に渡って紀州藩に仕える。身分は足軽(鉄砲足軽)とされるが、吉次と吉重の戒名は居士号であり、郷土史家の後藤一郎は高い士分であった可能性を指摘している[3]

旗本への転属と意次の登場[編集]

田沼家の当主で事跡が明白になるのは15代意行からで[4]、宝永2年(1705年)に兄たちの相次ぐ死去によって徳川吉宗が第5代藩主になった折に奥小姓として藩に勤仕する[3]。その後、享保元年(1716年)に吉宗が将軍に就任した際に将軍小姓として召されて、幕府旗本に列した[4][5]。最終的には小納戸頭取などを務め家禄は600石となる[4][5]。意行は嫡男が生まれぬことに悩み、七面大明神に帰依して息子・龍助(後の意次)を授かったことから、その謝意のために家紋を七曜星にしたという。

次代意次は幼少から西丸小姓として後の9代将軍家重に仕える。その才幹と共に、障害のあった家重の取次(御側御用取次)として重用され、1759年(宝暦9年)に遠江相良藩1万石(最終的には5万7000石まで加増、さらに築城を許される)で大名となる(相良藩田沼家)[3]。家重の死後も10代将軍家治に重用され、1767年に側用人、さらに1769年に側用人兼務で老中格、最終的に1772年に老中となる[3]。老中として権勢を揮ったとされ、田沼家は全盛を迎えるが、1784年に嫡男・意知が暗殺されたのを気に陰りが見え、1786年に失脚する[6]。この側用人就任から失脚までの幕政を専横したとされる期間を田沼時代と呼ぶ[7]

意次の失脚から意正による再興以降[編集]

田沼氏は1万石に減封され、陸奥下村へ国替えとなる[7]。その後、第5代下村藩主・意正(意次の四男)の時に大番頭、続いて若年寄と幕府要職に登用され、最終的に、その功績が認められて1823年(文政6年)に相良への帰封が適い、相良藩が再立藩される[8]。意正はもともと、意次が権勢を誇った時代に老中かつ三万石の大名にまで出世した沼津藩主水野忠友の養子として幕府重臣・水野家に入っており、意次の失脚で絶縁された経歴を持つ。意正の出世は、意正に代わり忠友の養子となった水野忠成が幕政を掌握した後に行われている。意正は田沼家を立て直したたために、子孫から「中興の主」として厚く祀られたという[8]。以降の歴代当主は若年寄などの幕府要職を務める。

明治維新以後[編集]

明治維新を受けて、明治元年に上総小久保藩へ移封となり、版籍奉還後は藩知事に任ぜられた[9]。同年、岩槻藩知事大岡忠貴の弟・金弥(後に意斉)を養子として迎え入れる[9]。明治17年にが子爵を授けられる[2]。望の死後、その子・正が継ぐが[9]1920年大正9年)6月15日、正が爵位を返上する。子孫には南米移民となった者などが出ている。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1920年大正9年)6月15日、田沼正が爵位を返上
  2. ^ a b c d e f 国史大辞典 1983, 「田沼氏」若林淳之.
  3. ^ a b c d e f g h i 後藤一郎 2019, pp. 33-37, 「田沼家先祖」.
  4. ^ a b c d e 大石慎三郎 2001, pp. 32-37, 「田沼家意次の履歴」.
  5. ^ a b c 藤田覚 2012, pp. 23-25, 「意次の履歴」.
  6. ^ 藤田覚 2012, pp. 210-219, 「田沼時代の終焉」.
  7. ^ a b 藤田覚 2012, pp. 1-4, 「田沼時代とは」.
  8. ^ a b 後藤一郎 2019, pp. 199-203, 「余燼」.
  9. ^ a b c 辻善之助 1980, pp. 218-255, 「田沼の没落」.
  10. ^ 新田氏一族・高瀬忠重の2男。
  11. ^ 伏原家当主。
  12. ^ 武蔵岩槻藩主大岡忠恕の5男。
  13. ^ 伊予宇和島藩主伊達宗城の6男、離縁後滝脇松平家を相続。

参考文献[編集]

  • 辻善之助 (1980), 田沼時代 (復刻 ed.), 岩波文庫, ISBN 978-4003314814 
  • 国史大辞典 (1983), 国史大辞典, 吉川弘文館 
  • 大石慎三郎 (2001), 田沼意次の時代, 岩波現代文庫, 岩波書店, ISBN 978-4006000547 
  • 藤田覚 (2012), 田沼時代, 日本近世の歴史, 4, 吉川弘文館, ISBN 978-4642064323 
  • 後藤一郎; 大石慎三郎 (2019), 田沼意次 その虚実, 新・人と歴史 拡大版, 35 (再刊 ed.), 清水書院, ISBN 978-4389441357