田浦文丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田浦 文丸
福岡ソフトバンクホークス #56
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県大野城市
生年月日 (1999-09-21) 1999年9月21日(19歳)
身長
体重
170 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト5位
年俸 500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田浦 文丸(たうら ふみまる、1999年9月21日 - )は、福岡県大野城市出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大野城市立平野小学校1年生から「平野リトルジャガーズ」で軟式野球を始め、大野城市立平野中学校では投手兼外野手として硬式野球クラブ「糸島ボーイズ」に所属する[2]。2年生の夏には全日本中学野球選手権大会(ジャイアンツカップ)に出場。準決勝で先発し1-0の完封勝利おさめる。迎えた決勝戦では後に高校時代の監督となる鍛治舎匠監督率いる「枚方ボーイズ」と対戦となった[3]

高校は熊本県八代市秀岳館高等学校に進学し、1年生の秋からベンチ入りを果たす[2]。甲子園には2年生の春の第88回選抜高等学校野球大会[4]、夏の第98回全国高等学校野球選手権大会[5]、3年生の春の第89回選抜高等学校野球大会[6]、夏の第99回全国高等学校野球選手権大会と4季連続の出場を果たしたが、3年生の夏は2回戦で中村奨成擁する広陵高校に6対1で敗れ、4季連続の準決勝進出はならなかった[7]

2017年9月に開催された2017 WBSC U-18ワールドカップにおいて、中村奨成や同期入団となる増田珠らとともにU-18野球日本代表に選出され、同大会ではリリーフとして5試合、先発で1試合に登板し、13回2/3を投げて29三振を奪い、救援部門でベストナインに選出された[2][8]。またこの活躍により大野城市から「平成29年度大野城市特別表彰」を受賞する[9]

10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスからドラフト五巡目指名され[10]、11月28日、福岡市内にて入団交渉を行い、契約金3,500万円、年俸500万円(金額は推定)で契約合意に達し[11]、12月7日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[12]

背番号56

プロ入り後[編集]

2018年5月1日に行われたウエスタン・リーグ阪神戦において3番手で登板し、2回を奪三振2、無失点で二軍公式戦初登板を果たすが[13]、その後3ヵ月間、怪我による離脱を強いられ、復帰登板は9月25日に行われた三軍のBFL選抜との練習試合となる[14]。二軍公式戦登板は上記の1試合のみであり、三軍戦も9試合の登板にとどまった[15]

シーズンオフの11月25日から台湾で開催された2018アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出され、7試合に登板し、0勝1敗2ホールド、防御率0.56の成績を挙げる[16]

選手としての特徴[編集]

高校時代の球速は最速148km/h。威力のあるストレートと横のスライダーと手元で鋭く落ちるチェンジアップを投げる。特にチェンジアップは精度が高く決め球として空振りをとれる[8]

人物[編集]

2016年に同じく福岡ソフトバンクホークスに入団した九鬼隆平は、秀岳館高校の1学年先輩であり、同校でバッテリーを組んでいた[8]

詳細情報[編集]

表彰[編集]

国際大会
その他
  • 平成29年度大野城市特別表彰 (2017年)[9]

背番号[編集]

  • 56 (2018年 - )

登場曲[編集]

  • 「いま太陽に向かって咲く花」NOBU (2018年)
  • 「New Rules」Dua Lipa (2018年 - )
  • 「交差点」BANTY FOOT(2019年 - )

[17]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c d ソフトB、秀岳館の魔球サウスポー田浦に照準 U18W杯で29K あさってドラフト”. 西日本スポーツ (2017年10月24日). 2017年10月3日閲覧。
  3. ^ ソフトBドラ5田浦と鍛治舎監督の奇縁 中2の夏…アンビリバボーな巡り合わせ”. 西日本スポーツ (2017年12月12日). 2017年10月3日閲覧。
  4. ^ 第88回選抜高校野球大会 高松商―秀岳館(準決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2016年3月30日). 2018年10月3日閲覧。
  5. ^ 第98回全国高校野球選手権大会 北海―秀岳館(準決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2016年8月20日). 2018年10月3日閲覧。
  6. ^ 第89回選抜高校野球大会 大阪桐蔭―秀岳館(準決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年3月30日). 2018年10月3日閲覧。
  7. ^ 第99回全国高校野球選手権大会 広陵―秀岳館(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年8月17日). 2018年10月3日閲覧。
  8. ^ a b c d ソフトB5位田浦(熊本・秀岳館高) 先輩・九鬼とバッテリー組むぞ”. 西日本スポーツ (2017年10月27日). 2017年10月3日閲覧。
  9. ^ a b ソフトバンク5位田浦が大野城市から特別表彰を受賞”. 日刊スポーツ (2017年11月12日). 2017年10月3日閲覧。
  10. ^ ソフトB田浦、夢は世界のベストナイン 指名あいさつ、日本一に貢献してWBC目指す”. 西日本スポーツ (2017年11月2日). 2017年10月3日閲覧。
  11. ^ ソフトB5位田浦、清宮斬り自信 同じ背番「21」和田を味方に”. 西日本スポーツ (2017年11月28日). 2017年10月3日閲覧。
  12. ^ 2017/12/07(木) 選手 新入団会見レポ。1位吉住投手「夢は最多勝」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年12月7日). 2018年10月3日閲覧。
  13. ^ 2018/05/01(火) 第7回戦 福岡ソフトバンク vs 阪神”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2018年5月1日). 2018年10月3日閲覧。
  14. ^ 「魔球」を操る左腕。ルーキー田浦文丸のプロ1年目は・・・”. Yahoo!ニュース (2018年9月25日). 2018年10月3日閲覧。
  15. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2018/9/27(木)現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2018年9月27日). 2018年10月3日閲覧。
  16. ^ TEAM 日職西軍 球員成績 投手成績”. 亞洲冬季棒球聯盟公式サイト(繁体中文). 2019年4月13日閲覧。
  17. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月13日閲覧。

関連項目[編集]