田渕俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

田渕 俊夫(たぶち としお、1941年8月15日 - )は、日本画家[1]

人物[編集]

東京市江戸川区出身[2]1965年東京藝術大学美術学部日本画科卒業[3]1967年、同大学大学院日本画専攻修了[3]。師系は平山郁夫

1968年、再興第53回日本美術院展覧会で初入選し、1982年1985年に日本美術院賞(大観賞)受賞[4]。その後も数々の受賞歴を重ねた。

1995年より東京藝術大学教授、1996年より日本美術院評議員となり、2005年に東京藝術大学理事・副学長、2006年に日本美術院理事に就任[3]。現在は、日本美術院同人・代表理事(理事長)および東京藝術大学名誉教授を務める。

著作に「田渕俊夫 京都を描く―感動を表現する日本画の技法」(1997年)などがある。

脚注[編集]

  1. ^ ホーム of Toshio Tabuchi Nihonga” (日本語). Toshio Tabuchi Nihonga. 2021年1月5日閲覧。
  2. ^ 田渕俊夫 略歴”. www.nakajima-art.com. 2021年1月5日閲覧。
  3. ^ a b c 田渕俊夫 京都を描く / 田渕 俊夫【著】”. 紀伊國屋書店ウェブストア. 2021年1月6日閲覧。
  4. ^ 田渕 俊夫 プロフィール 院展/日本美術院”. nihonbijutsuin.or.jp. 2021年1月5日閲覧。