田澤廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
田澤 廉
たざわ れん
Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Ren Tazawa
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
大学 駒澤大学経済学部
生年月日 (2000-11-11) 2000年11月11日(20歳)
出身地 青森県の旗青森県八戸市
身長 180cm
体重 60kg
自己ベスト
5000m 13分37秒28(2020年)
10000m 27分46秒09 (2020年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

田澤 廉(たざわ れん、2000年11月11日 - )は、日本陸上競技選手。青森県八戸市出身。駒澤大学経済学部在学中。陸上競技部に所属し、専門種目は長距離走10000mの駒澤大学記録保持者。

経歴[編集]

中学校は八戸市立是川中学校、高校は青森山田高等学校出身[1]

中学時代[編集]

3年次に3000m全国中学校体育大会に出場し、決勝に進出するも、最下位の18位であった[1]

高校時代[編集]

3年連続で全国高等学校駅伝の1区に出走した。1年次は30分58秒で区間27位、2年次は29分42秒で区間4位、3年次は30分13秒で区間15位であった。

3年次に、5000mで第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会に出場し、銀メダルを獲得した[1]

大学時代[編集]

大学1年次[編集]

9月の日体大記録会で当時の5000mU20日本歴代10位の13分41秒82を記録した。出雲駅伝では3区を走り区間2位、全日本駅伝では7区で区間賞であった。11月23日八王子ロングで、当時の10000mU20日本歴代5位の28分13秒21を記録した。第96回箱根駅伝では3区を走り、日本人2位の区間3位であった。全国都道府県対抗男子駅伝では3区を走り、区間4位であった。

大学2年次[編集]

出雲駅伝の中止により[2]、三大駅伝初戦となった全日本駅伝では8区を走り、区間賞・大会MVPを獲得し、チームの6年ぶりの優勝に貢献した。また、日本選手権で日本人学生歴代4位の27分46秒09を記録し、8位入賞を果たした。第97回箱根駅伝では2区を走り、日本人3位の区間7位で、チームの順位を15位から8位まで押し上げた。なお、チームは13年ぶりの優勝を果たした。また、箱根駅伝終了後に、2年生ながら次期主将となった。

人物[編集]

2学年下に、田澤駿という弟がいる。(青森山田高校に在籍)

戦績・記録[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2016 全国高等学校駅伝競走大会 1区 区間27位 30分58秒
2017 全国高等学校駅伝競走大会 1区 区間4位 29分42秒
2018 全国高等学校駅伝競走大会 1区 区間15位 30分13秒
アジアジュニア陸上競技選手権大会 5000m 2位 14分17秒26
2019 八王子ロングディスタンス2019 10000m 組2位 28分13秒21 日本人学生1位
天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 3区 区間4位 24分00秒
2020 第104回日本陸上競技選手権大会 10000m 8位 27分46秒09 日本人学生歴代4位

大学三大駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2019年度)
第31回
3区-区間2位
23分54秒
第51回
7区-区間賞
52分09秒
第96回
3区-区間3位
1時間01分25秒
2年生
(2020年度)
第32回
(開催中止)
第52回
8区-区間賞
57分34秒
第97回
2区-区間7位
1時間07分27秒

自己ベスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 【箱根への道】駒大・田沢廉の決意 2年生で新主将…「言葉」と「走り」で常勝軍団導く” (日本語). スポーツ報知 (2021年1月16日). 2021年1月17日閲覧。
  2. ^ 出雲駅伝の開催中止決定:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月15日閲覧。

参考文献[編集]

https://komazawa-ekiden.com/team/team-1th/