田無市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
たなしし
田無市
田無神社
田無市旗 田無市章
田無市旗 田無市章
廃止日 2001年1月21日
廃止理由 新設合併
田無市保谷市西東京市
現在の自治体 西東京市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
市町村コード 13216-1
面積 6.80km2.
総人口 78,165
(2000年国勢調査)
隣接自治体 保谷市武蔵野市小金井市小平市東久留米市
市の木 けやき、はくうんぼく
市の花 タナシツツジ
他のシンボル -
田無市役所
所在地 188-8666
東京都田無市南町五丁目6番13号
 表示 ウィキプロジェクト

田無市(たなしし)は、かつて東京都に存在したである。東京都特別区部への通勤率は44.7%(平成12年国勢調査)。

全国でも埼玉県蕨市、埼玉県鳩ヶ谷市(2011年に川口市に合併して同市に復帰)、東京都狛江市についで4番目に小さい市であった。

歴史[編集]

青梅街道所沢街道が交差する交通の要所であり、青梅街道の宿場町として江戸時代より栄えた。

宿場町として陸運により発展していたため鉄道の誘致に積極的ではなく、甲武鉄道(現在のJR中央本線)の開業によりその地位を失う。その後は西武鉄道新宿線の開通などで東京の市街地となり、昭和10年代から、大日本時計(シチズン時計)、中島航空金属、豊和工業(石川島播磨重工業)などの工場が設立された。太平洋戦争後は一部工場は閉鎖されたが、東京都心のベッドタウンとしての発展を続けた。

江戸時代より商業的に発展していたことから、周辺の地区が複数の村を統合して明治以降、村を形成したのに対して、田無は江戸から同じ市域で明治以降の田無村となった。全国の市で、複数の大字(に相当する区域)を持たない唯一の市であった。そのため明治20年代より幾度となく近隣市町村との合併の検討がされたが、2001年(平成13年)に隣接する保谷市との合併を果たした。

地名の由来[編集]

田無の地名は、1559年永禄2年)の後北条家の文書に確認されたものが最も古く、江戸時代以前より集落が形成されていたことが分かる。そのため地名の由来は定かではなく、いくつかの説がある。

  1. 田んぼが無いため田無となった説
  2. 棚瀬が変化し「たなし」となり、田無の字があてられた説
  3. 田成が田無に変化した説
  4. 種なしが田無となった説。田無では税の取立てが厳しく、種(種)までとられてしまうため、周囲の村から種なしの村と呼ばれたという説

(1.)の説では、畑作が中心だった現在の多摩地域ではどこでもは無い(陸稲が中心)こと、(2.)と(3.)の説では、途中で意味は正反対に変わっていること。(4.)の説も田無の集落が近隣より比較して早くに成立していることなど、以上の理由から決め手となる説がない。

行政[編集]

歴代市長[編集]

特記なき場合『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』などによる[1]

氏名 就任 退任 備考
1 指田吾一 1967年(昭和42年)1月1日 1969年(昭和44年) 旧田無町長、在任中に死去
2 木部正雄 1969年(昭和44年)5月11日 1985年(昭和60年)5月10日
3 末木達男 1985年(昭和60年)5月11日 2001年(平成13年)1月21日 廃止

交通[編集]

道路[編集]

歴史の節にあるように青梅街道と所沢街道(東京都道・埼玉県道4号東京所沢線東京都道5号新宿青梅線)の分岐となる交通の要衝である。

また、新青梅街道と所沢街道が交差する北原交差点(新青梅街道は当交差点以東が東京都道245号杉並田無線、以西が東京都道5号新宿青梅線)、その東側でひばりヶ丘駅への谷戸新道(東京都道112号ひばりケ丘停車場線)、田無駅を通り武蔵境方向への武蔵境通り(東京都道12号調布田無線)が接続している。

青梅街道の橋場交差点からは北西へ東京街道(市道)、南西へ東京都道132号小川山田無線が分岐する。

鉄道[編集]

バス[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 歴代知事編纂会 1983, 1000-1002頁.

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会 編集 『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』 第1巻 歴代知事編纂会、1983年。 

関連項目[編集]