田艇吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田 艇吉

田 艇吉(でん ていきち、嘉永5年9月6日1852年10月18日) - 昭和13年(1938年11月17日)は、日本の政治家、実業家。丹波国氷上郡柏原藩(現在の兵庫県丹波市柏原町)出身。号は楓軒、松鶴。

経歴[編集]

丹波国氷上郡柏原藩領の下小倉村(現在の兵庫県丹波市柏原町下小倉)に田文平の長男として生まれる。艇吉の家は代々大庄屋を務めた豪農であった。8歳より村医だった長沢順方に師事して読み書きを学び、12歳の時に小島省斎に入門、学問を修めた後は若くして村の政治に参画するようになる。

明治12年(1879年)第一期県会議員に当選し、その後、氷上郡書記、氷上郡長などを歴任の後、衆議院議員に当選した。鐘ヶ坂トンネルの開通や阪鶴鉄道の開通などに尽力し、明治37年(1904年)、阪鶴鉄道株式会社取締役社長に就任。

昭和13年(1938年)11月17日、脳溢血で死去、享年87。

西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線柏原駅前には艇吉の功績を顕彰するため、銅像が建てられている。台座の「田 艇吉翁」の題字は、若槻礼次郎揮毫

親族[編集]