田茂井宗一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 陸上競技
アジア競技大会
1951 ニューデリー 10000m
1951 ニューデリー 5000m

田茂井 宗一(たもい そういち)は日本の男子陸上競技選手。専門は長距離走、マラソン。京都府竹野郡網野町(現京丹後市)出身[1]大阪府高槻市在住。

1949年日本陸上競技選手権大会5000m10000mの2冠を達成した。5000mでは翌1950年にも優勝している。1951年にはニューデリーで開催された第1回アジア競技大会で10000mで金メダル、5000mでは銅メダルを獲得した。同年の朝日マラソン(現・福岡国際マラソン)では、初マラソンに挑戦し折り返し地点でトップに立っていたものの拝郷弘美に敗れている[2]

現在はマスターズ陸上の選手として活動している。

出典[編集]

  1. ^ 「 第12回あみの八丁浜ロードレース大会」に学生・教官5名が参加!!
  2. ^ 福岡国際マラソン プレーバック|第5回(1951)