田辺中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田辺中継局(たなべちゅうけいきょく)は、和歌山県西牟婁郡白浜町田辺市にある地上デジタルAMラジオコミュニティ放送中継局である。
地上波デジタル移行前はアナログテレビも存在した。 (なおFMラジオについては同地区にある槇山中継局を参照の事)

中継局概要[編集]

デジタルテレビ[編集]

リモコンキーID 放送局 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 偏波面
1 NHK和歌山総合 23ch 10W 125W 和歌山県 約31,000世帯 水平偏波
2 NHK大阪教育 13ch 全国
4 MBS毎日放送 47ch 87W 近畿広域圏
5 WTVテレビ和歌山 24ch 和歌山県
6 ABC朝日放送 15ch 89W 近畿広域圏
8 KTV関西テレビ放送 17ch
10 ytv讀賣テレビ放送 14ch

アナログテレビ[編集]

2011年7月24日をもって放送終了、廃局

放送局名 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 偏波面
NHK和歌山総合 50ch 映像100W
音声25W
映像1.15kW
音声290W
和歌山県 約-世帯 水平偏波
NHK大阪教育 52ch 全国
MBS毎日放送 54ch 映像1.1kW
音声270W
近畿広域圏
WTVテレビ和歌山 56ch 和歌山県
ABC朝日放送 58ch 近畿広域圏
KTV関西テレビ放送 60ch
ytv讀賣テレビ放送 62ch

AMラジオ[編集]

周波数 放送局名 中継局名 コールサイン 空中線電力 放送対象地域 放送区域内世帯数
1161kHz NHK大阪ラジオ第1放送 田辺 なし[1] 音声100W 近畿広域圏 約-世帯
1233kHz WBS和歌山放送 田辺白浜 JOVL 和歌山県
1602kHz NHK大阪ラジオ第2放送 田辺 なし[2] 全国

コミュニティ放送[編集]

放送局名 コールサイン 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 偏波面
FM TANABE JOZZ7BI-FM 88.5MHz 音声20W 音声26W 田辺市 28,316世帯 -

所在地[編集]

デジタル・アナログテレビ[編集]

  • 西牟婁郡白浜町字平草原 「ホテルグリーンヒル白浜」東隣り

南紀白浜空港移転拡張に伴い、鉄塔が航空法の関係で短縮された。
その関係で、かつてテレビ和歌山のみ置局されていた槇山中継局が、受信障害対策として、大阪民放テレビ4局、NHK2波の放送を始めた。   

AMラジオ[編集]

  • NHK:田辺市秋津町 「会津小学校」北西
  • WBS:田辺市新庄町 「南和歌山医療センター」北西

コミュニティ放送[編集]

  • FM TANABE 田辺市朝日ヶ丘23-1 「和歌山県西牟婁総合庁舎」

放送エリア[編集]

歴史[編集]

下記に記載のない局の開局時期は不明。

デジタルテレビ[編集]

AMラジオ[編集]

  • 1957年5月21日 NHK田辺ラジオ中継放送所(第1放送(コールサイン:JOBT))が開局。
  • 1959年4月1日 WBS和歌山放送・田辺白浜放送局(コールサイン:JOVL・出力:100W)が開局。
  • 1978年11月23日 AMラジオ放送の周波数が、10kHz間隔から9kHz間隔に変更された。当中継局の各放送局の周波数も、現在の周波数に変更された。

コミュニティ放送[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JOBTが付与されていたが、廃止。
  2. ^ JOTDが付与されていたが、廃止。
  3. ^ 田辺中継局のエリア 総務省 近畿総合通信局
  4. ^ 兵庫県・和歌山県の地上デジタルテレビ放送中継局に予備免許 総務省 近畿総合通信局、2008年12月11日
  5. ^ 滋賀・京都・兵庫・和歌山の地上デジタルテレビ放送中継局に予備免許 総務省 近畿総合通信局、2009年1月29日
  6. ^ 和歌山県田辺市のコミュニティ放送局に予備免許を交付 総務省 近畿総合通信局、2009年7月23日

関連項目[編集]