田辺希賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
田辺希賢
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 承応2年2月9日1653年3月8日
死没 元文3年10月1日1738年11月12日
別名 通称:喜右衛門、字:淳浦、整斎、諡:恭懿先生
墓所 宮城県仙台市東昌寺
主君 伊達綱村吉村
仙台藩
氏族 上毛野氏流田辺氏
希文

田辺 希賢(たなべ まれかた)は、江戸時代前期から中期にかけての仙台藩士。仙台藩の儒学者かつ神道家、歴史家。通称は喜右衛門。は淳浦、整斎。は西山贋樵。は恭懿先生。仙台藩儒宗田辺氏の祖。著作多数。家格召出二番座

略歴[編集]

承応2年(1653年)、京都にて誕生。家系は天正17年(1589年)に京都銅鑼坊に移った上毛野氏族田辺氏の一族。

始め伊藤仁斎、後に木下順庵山崎闇斎らに師事する。また、神道卜部氏持明院流書流を持明院基時、茶道を清水道竿に学ぶ。

仙台藩4代藩主・伊達綱村の命を受けた大島良設の名家選考の対象の一人となり、延宝7年(1679年)に仙台藩に召し出されて仙台藩儒となる。元禄6年(1693年)に京都から仙台に移り、元禄8年(1695年)に綱村の養嗣子・吉村の侍講となる。元禄15年(1702年)に家格召出となる。石高600石または60貫目[1]知行する。

享保9年(1724年)に隠居し、子・希文が家督を相続。墓所は東昌寺

著作[編集]

「肯山公実録」、「整斎筆記」、「八陣図説」、「三教名数」、「神書訓解」及び詩集がある。

脚注[編集]

  1. ^ 「三百藩家臣人名事典1」及び「宮城県姓氏家系大辞典」の『姓氏編』では600石、「宮城県姓氏家系大辞典」の『歴史・人物編』で60貫目とある。

参考文献[編集]

  • 家臣人名事典編集会「三百藩家臣人名事典1」(新人物往来社、1987年)
  • 「角川日本姓氏歴史人物大辞典4 宮城県姓氏家系大辞典」(1994年)