田辺広雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田辺 広雄
たなべ ひろお
生年月日 1925年1月15日
出生地 愛知県名古屋市
没年月日 (1999-04-03) 1999年4月3日(74歳没)
死没地 名古屋市
出身校 関西学院大学専門学校政経科卒業
所属政党 自由民主党
称号 勲三等瑞宝章
親族 長男・田辺克宏(愛知県議会議員)

選挙区 旧・愛知1区
当選回数 1回
在任期間 1990年2月19日 - 1993年7月18日
テンプレートを表示

田辺 広雄(たなべ ひろお、1925年1月15日 - 1999年4月3日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(1期)。

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市生まれ。1955年守山市議会議員に出馬し当選。1963年に守山市が名古屋市と合併した後は名古屋市会議員を5期務め、議長も務めた[1]

1983年の衆議院選挙1986年の衆議院選挙旧・愛知1区から出馬するが落選。同じ自民党内の今枝敬雄と公認を争っていた[2]。その後、1990年の衆議院選挙で自民党の公認を得て立候補し初当選。この選挙で自身の秘書が公職選挙法違反で逮捕され、有罪判決を受けている[3]

1993年第40回衆議院議員総選挙では新党ブームの中で今枝と共倒れする形になり[4]落選。小選挙区比例代表並立制が導入された1996年第41回衆議院議員総選挙では、選挙区が分かれた事を受けて今枝と協力する方針を打ち出し、後援会幹部の名簿交換などを行なっている[5]。同選挙では愛知2区から出馬したが落選し、政界を引退した。

1999年4月3日、肺炎のため死去[6]。74歳没。長男の田辺克宏は同年の愛知県議選の守山区選挙区に立候補し初当選。県議を計4期務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1996年10月19日付朝刊、愛知地方面
  2. ^ 朝日新聞、1986年6月25日付朝刊、P.2
  3. ^ 朝日新聞、1990年6月25日付夕刊、P.7
  4. ^ 朝日新聞、1993年7月19日付朝刊、P.18
  5. ^ 朝日新聞、1995年11月7日付夕刊、P.6
  6. ^ 朝日新聞、1999年4月4日付朝刊、P.39

参考文献[編集]