田辺豊治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田辺 豊治
たなべ とよはる
生誕 (1960-05-12) 1960年5月12日(59歳)
国籍 日本の旗 日本東京都
業績
専門分野 自動車エンジニア
テクニカルディレクター
所属機関 本田技研工業
勤務先 本田技術研究所
ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)
ホンダ・レーシング・ディベロップメント(HRD)など
プロジェクト ホンダF1

田辺 豊治(たなべ とよはる、1960年5月12日[1] - )は、日本の自動車技術者東京都出身。

主にモータースポーツの分野で、エンジン部門の役職を歴任。2018年以降から「ホンダF1」のテクニカルディレクターを務めている。

経歴[編集]

1984年本田技研工業に入社。市販車用のエンジン開発に携わる。

1990年、ホンダのF1プロジェクトに異動、マクラーレン・ホンダのゲルハルト・ベルガー担当エンジニアとしてチームに加わる[2]。ホンダの第2期F1活動終了に伴い、1993年よりアメリカに移り、当時のチャンプカー・ワールド・シリーズ(CART)向けエンジンの研究開発に関わる[3]

2003年にはF1に復帰、B・A・Rジェンソン・バトンの担当エンジニアとなる[3]。BARがホンダに買収され「ホンダF1」となったあとも2007年まで同職を務めたほか、テストマネージャーなども務めた[3]2008年には本田技術研究所に戻りF1エンジンの開発責任者となるが、同年限りでホンダがF1を撤退(第3期の活動終了)したため、2009年からは一時市販車用エンジンの開発に回った[3]

2013年ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)のシニア・マネージャー及び、レースチーム チーフエンジニアを兼任。ホンダのインディカー・シリーズへのエンジン供給の責任者となる。2017年の第101回インディ500では佐藤琢磨と共に優勝の快挙を達成した[4]

2018年1月1日、ホンダF1のテクニカルディレクターに就任し[5]、F1チーム「トロ・ロッソ」のエンジン供給を担当。翌2019年には親元の「レッドブル・レーシング」にもエンジン供給を拡大したため、トロ・ロッソと合わせた現場統括を兼任する[6]。同6月のオーストリアGPにてレッドブルが優勝し、エンジンサプライヤーとして復帰してからの初勝利に貢献した[7]

エピソード[編集]

  • 比較的穏やかな性格と評されており、第2期ホンダF1の時代からチーム内での人気は高かった[8]
  • F1に長年携わって印象に残ったレースは、ジェンソン・バトンが優勝を果たした2006年ハンガリーGPと語っている[9]
  • ジェンソン・バトンは田辺のF1復帰に際し、エールを送った[10]
  • 前述の2006年ハンガリーGP以来13年ぶりのホンダエンジン優勝となった2019年オーストリアGPでは、表彰式で優勝チーム代表として登壇。しかし田辺の登壇は直前に決まったため表彰台への行き方が分からず、国歌斉唱に間に合わないハプニングに見舞われたがトロフィー授与が始まる寸前で無事に登壇した。
優勝ドライバーのマックス・フェルスタッペンと自身へのトロフィー授与が終わり、2位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)には大会プレゼンターとして参加していたゲルハルト・ベルガーがトロフィーを授与。ルクレールとフェルスタッペンの健闘を称えたベルガーは元の立ち位置に戻ると見せかけ、3位のバルテリ・ボッタスの前で突然踵を返し田辺へ歩み寄った。マクラーレン時代のドライバー、エンジニアという関係を表すようにホンダの健闘を称え、田辺と抱擁を交わした。田辺とベルガーの時を経ても変わらぬ友情が垣間見えるこの瞬間、会場にいた人々からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホンダF1田辺豊治にトロロッソからサプライズ、スペインGPの地に58歳の誕生日を祝うバースデーケーキが登場 - Formula1-Data・2018年5月13日
  2. ^ ゲルハルト・ベルガー、ホンダF1の田辺豊治TDの手腕に太鼓判”. F1-Gate.com (2018年3月16日). 2018年7月29日閲覧。
  3. ^ a b c d ホンダF1、新代表に田辺豊治氏就任!! - STINGER・2017年12月1日
  4. ^ ホンダF1 田辺豊治TD、佐藤琢磨とのインディ500制覇を語る”. F1-Gate.com (2018年5月27日). 2018年7月27日閲覧。
  5. ^ 2018年シーズンの新たなスタートに向け、F1運営体制を変更”. 本田技研工業 (2017年12月7日). 2018年7月27日閲覧。
  6. ^ ホンダF1、レッドブル・レーシングへの供給に伴い田辺豊治の役割を調整”. F1 Gate (2019年2月12日). 2019年3月18日閲覧。
  7. ^ F1ホンダが味わった撤退、酷評……。13年ぶりの勝利の美酒に嬉し涙。”. Number (2019年7月2日). 2019年7月2日閲覧。
  8. ^ ホンダF1 復活はあるか? “セナの相棒”が信頼寄せた新リーダーの横顔 - ベストカーWEB・2018年1月30日
  9. ^ THE POWER OF TANABE-SAN”. Honda Racing F1 (2018年4月10日). 2018年7月29日閲覧。
  10. ^ Tweet”. Jenson Button (2018年3月7日). 2018年7月29日閲覧。