田野辺みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田野辺 みゆき(たのべ みゆき、1937年 - )は、日系カナダ人(1世)の画家岩手県盛岡市生まれ[1]カナダ勲章受勲。ケベック民俗風物を和紙で描く作風で知られる。

年譜[編集]

  • 1937年 岩手県盛岡市に生まれる。
  • 上京し東京芸術大学日本画を学ぶ。前田青邨に師事。
  • 1962年 フランスパリに移る。アトリエ・グラン・ショミエール(La Grande Chaumière)で学んだ後、1963年からパリ国立高等美術学校に学ぶ。
  • 1966年 一度日本に帰国。
  • 1971年 パリで出会ったモントリオール出身のサヴィニャック氏のもと、カナダへ移る。
  • 1972年より、ギャルリー・ジャン=ピエール・ヴァランタンにて作品を展示。
  • 1979年 カナダ国立映画制作庁(National Film Board of Canada)が田野辺を題材にした短編ドキュメンタリー映画「Ce monde éphémère - Miyuki Tanobe / My Floating World: Miyuki Tanobe」を制作[2]
  • 1981年 カナダ芸術評議会(Canada Council for the Arts)賞受賞。
  • 1994年 王立カナダ芸術院(Royal Canadian Academy of Arts)会員となる。またケベック勲章受勲。
  • 1999年 カナダ王立造幣局から50セント硬貨用デザイン「ケベック文化伝承シリーズ」のひとつを依頼され「Les petits sauteux」を制作。2001年に記念硬貨として発行される。
  • 2002年 カナダ勲章受勲。

主な作品収蔵先[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]