田頭実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田頭実
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1967-03-29) 1967年3月29日(52歳)
身長 158cm
体重 55kg
血液型 O型
競艇選手情報
所属 福岡支部
登録番号 3257
登録期 58期
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1986年
SG優勝 2
GI/PGI優勝 6
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

田頭実(たどう みのる、1967年3月29日 - )は、福岡県北九州市出身の競艇選手。 登録番号3257。身長158cm。血液型O型。58期(同期には平石和男三角哲男佐野隆仁西田靖池上裕次など)、福岡支部所属。

来歴[編集]

1986年、58期生としてデビュー。

1997年、地元若松施設改善記念特別競走(現在の名称はダイヤモンドカップ)でGI初優勝。

1999年、若松・オーシャンカップで、長岡茂一との死闘を制して念願のSG初優勝。

2004年福岡競艇場での全日本選手権競走で2回目のSG優勝。

2005年、若松競艇場・ダイヤモンドカップでは、期間フライング3本持ち(フライング休みが180日、4本目は引退勧告)という状況ながらも、いつもと変わらぬスタート攻勢で優勝、史上初のF3でのGI制覇となった。

選手特徴[編集]

レーススタイルは、積極果敢なコース取りからギリギリのスタートで勝負を決めるスタート一撃タイプ。

その一方でスタート事故が非常に多く、F3による長期ペナルティ休みのため何度もB2へ降級している。2019年は、1月10日の大村競艇場で2回乗り同日F2、3月の戸田競艇場初日でF3となるなど、常にスタート事故と隣り合わせとなっている。

エピソード[編集]

  • 高校在学中は調理師を目指し、レストランに内定も貰っていたが、友人が本栖の競艇選手養成所に受験する際に誘われ「東京に行ける」というだけで受験。結果、友人は不合格だったが田頭は合格。悩んだ挙句にレストランの内定を蹴り競艇選手への道を選ぶ。
  • 地元でもある若松への愛着は人一倍あり、普段は53kg前後の体重を地元開催のSGや記念レースでは限度の50kgまで落とし臨んでいた。特に1999年のオーシャンカップ競走では宿舎で一切の食事を絶ち、ひたすらスルメを噛むことで47kgまで減量し優勝。「優勝賞金の4000万円は全く頭になかった、ただどうしても若松のタイトルが欲しかった。」と本音を吐露している。さすがの田頭もこればかりは無理が祟ったようで、体の抵抗力が弱まり風邪を引いたという。優勝インタビューでは「ラーメンが食べたい」と語り、暴飲暴食をしてしまった結果、次の斡旋の徳山には54kgで臨むことになった。
  • 競艇オフィシャルWEBでの日記連載の初代担当であった。

SG・GI優勝[編集]

SG[編集]

GI[編集]

関連項目[編集]