田鶴浜弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1955年

田鶴浜 弘(たづはま ひろし、1905年8月29日 - 1991年8月15日)は、日本スポーツライタープロレス評論家。日本ボディビル協会の副会長も務めた。

来歴・人物[編集]

早稲田大学卒業。スポーツ記者として広く活躍し、とりわけプロレスでは「プロレス評論家の草分け的存在」と称される。日本初のプロレス専門誌『月刊プロレス』の創刊にも携わった。

1972年全日本プロレス創立から1985年頃まで、日本テレビの『全日本プロレス中継』で解説者を務める(メインの解説者は山田隆で田鶴浜は二番手のポジションだった)。1975年に全日本で行われたオープン選手権では準備委員会の委員を務めた。

子供向け入門書を含め著書を多数発表。

弟子に流智美がおり、流によると「そのレスラーの前に出た時に見せられないようなものは書いてはいかん」と教えを受けたという。

漫画『キン肉マン』に登場する解説者のタザハマは田鶴浜がモデルである[1]

書籍[編集]

著書[編集]

  • プロレス血風録 ―世界を制覇する怒濤の男たち(1968年)
  • 格闘技スーパー・スター(1980年)
  • プロレス大研究』(1981年、講談社)
  • プロレス総覧
  • プロレス・オール強豪名鑑 日本編(1986年)

監修[編集]

  • あなたの”健康と美”をつくるウエイト・トレーニング(1969年、川口ボディビルセンター)

脚注[編集]

  1. ^ Twitter / yude_shimada: スゲー写真見つけ...” (2012年6月18日). 2012年6月18日閲覧。