由利本荘市総合体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
由利本荘市総合体育館
由利本荘市総合体育館
施設情報
収容人数 540人
構造形式 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
延床面積 5,864.32m²[1]
階数 地上2階
竣工 2005年(平成17年)7月30日
所在地 018-0711
秋田県由利本荘市岩谷町字西越62
位置 北緯39度26分30.83秒 東経140度5分16.30秒 / 北緯39.4418972度 東経140.0878611度 / 39.4418972; 140.0878611座標: 北緯39度26分30.83秒 東経140度5分16.30秒 / 北緯39.4418972度 東経140.0878611度 / 39.4418972; 140.0878611
羽越本線羽後岩谷駅を挟んで体育館全景

由利本荘市総合体育館(ゆりほんじょうしそうごうたいいくかん)は、秋田県由利本荘市にある総合体育館である。

概要[編集]

大内町によって整備されたぽぽろ健康運動公園エリアに所在し、大内町時代の2004年(平成16年)1月に着工、翌2005年(平成17年)7月30日に由利本荘市総合体育館としてオープンした。2007年(平成19年)の秋田わか杉国体では銃剣道競技の会場として使用、翌2008年(平成20年)10月には当体育館を会場としてローラーホッケー女子世界選手権大会が開催された。 また、2010年より日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に所属する秋田ノーザンハピネッツのホームゲームも行われていて、2010-2011シーズンは浜松・東三河フェニックス戦、2011-2012シーズンは岩手ビッグブルズ戦を開催した。勝敗は浜松戦2敗、岩手戦2勝の2勝2敗となっている。

施設[編集]

メインアリーナ[編集]

サブアリーナ[編集]

  • 面積:550m2 (27.5m×20m)
  • バレーボール1面、バスケットボール1面、バドミントン2面、卓球8台、柔道2面、その他

スポーツ広場[編集]

  • 屋外に芝生のピッチが整備されている。フットサル用ゴール一組を常設。
  • 面積:4635.5m2 (73m×63.5m)

また、隣接して東屋とスケートボード広場が整備されている。

周辺[編集]

  • 羽後岩谷駅
  • 道の駅おおうち
  • はーとぽーと館 - 飲食店および農産物直売所
  • 出羽伝承館
  • 大内総合交流ターミナル ぽぽろっこ - 温泉施設「楠の湯」が整備されている。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広報ゆりほんじょう 2005年7月15日号 2ページ (PDF)”. 由利本荘市. 2012年8月30日閲覧。