由布川峡谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
由布川峡谷

由布川峡谷(ゆふがわきょうこく)または由布川渓谷は、大分県別府市から由布市挾間町にかけての大分川水系由布川の上流にある峡谷

概要[編集]

約60万年前に噴出・堆積した大規模火砕流である由布川火砕流が浸食されたことによって形成された渓谷[1]。高さ約15-60mの切り立った断崖の底で渓流が約12kmにわたって続く。苔の生した岩肌を40条以上あるといわれる細い滝筋が流れ落ち、幻想的な景観が広がる[2]

峡谷には、上流から順に別府市側の椿入り口、由布市挾間町側の猿渡入り口の2ヶ所の入り口から降りることができる[2]。かつてはさらに下流に谷ヶ淵入り口があったが、閉鎖されている。猿渡入り口付近には吊り橋が架かっており、ここからも峡谷を眺めることができる。椿入り口の上流側には、峡谷両岸の断崖の間に大きな岩が挟まったチェックストーン(チョックストーン)が見られる。夏には涼を求めて、また秋には紅葉の名所として観光客でにぎわう。

美しい峡谷で知られるオーストリアチロル地方になぞらえて「東洋のチロル」とも呼ばれる[3]。大分県の名勝に指定される[4]とともに、おおいた遺産[5]及び大分百景[6]のひとつに選定されている。

2017年の九州北部豪雨台風18号の影響で、2017年9月からすべての入り口が閉鎖されて川に降りることができなくなっている[7]。このうち、由布市挾間町にある猿渡入り口は、2020年夏の復旧を目指して調査が進められている[8]

脚注[編集]

  1. ^ 星住英夫・小野晃司・三村弘二・野田徹郎『地域地質研究報告 5万分の1地質図幅 福岡(14)第75号 別府地域の地質』地質調査所、1988年。
  2. ^ a b 由布川峡谷”. 由布市. 2019年8月31日閲覧。
  3. ^ 由布川峡谷”. 日本一の「おんせん県」大分県の観光情報公式サイト. ツーリズムおおいた. 2019年8月31日閲覧。
  4. ^ 挾間地域文化財一覧”. 由布市. 2019年8月31日閲覧。
  5. ^ 由布川峡谷”. おおいた遺産. おおいた遺産活性化委員会. 2019年8月31日閲覧。
  6. ^ 大分県関連のレファレンス事例集 大分合同新聞が選定した「大分百景」とはどこか知りたい。”. 大分県立図書館. 2019年8月31日閲覧。
  7. ^ 由布川峡谷”. 由布市. 2019年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月31日閲覧。
  8. ^ “由布川峡谷挾間町側「猿渡入り口」、来夏にも復旧”. 大分合同新聞. (2019年8月30日). オリジナルの2019年8月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190831041400/https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/08/30/JD0058429033