由比質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゆひ ただす
由比 質
Tadasu Yuhi, current director of the Seventh Higher School.jpg
生誕 1871年1月10日
日本の旗 日本 高知県土佐郡神田村(現・高知市
死没 (1930-04-07) 1930年4月7日(59歳没)
日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
死因 脳溢血
住居 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文科大学史学科卒業
職業 山口高等学校教授
千葉県千葉中学校校長
第五高等学校教授
第三高等学校教授
松山高等学校校長
第七高等学校造士館校長
家族 由比光衛(兄)
テンプレートを表示

由比 質(ゆひ ただす、明治3年11月20日[1]1871年1月10日) - 昭和5年(1930年4月7日[1])は、日本教育者。称号は従三位勲二等

経歴[編集]

高知県土佐郡神田村(現・高知市)出身[2]第三高等学校を経て、1896年(明治29年)、東京帝国大学文科大学史学科を卒業[1]山口高等学校教授・舎監、千葉県千葉中学校校長、第五高等学校教授・生徒監、第三高等学校教授、松山高等学校校長、第七高等学校造士館校長を歴任した。

1930年(昭和5年)、鹿児島市で講演中に脳溢血で倒れて急逝[2]。墓所は染井霊園1-イ-4-19。同所には兄である陸軍大将由比光衛の墓もあり、右側の墓石が質のものである。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 故第七高等学校造士館長由比質叙勲ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10113068800 
  2. ^ a b 20世紀日本人名事典
  3. ^ 人事興信所編『人事興信録 第5版』(人事興信所、1918年)ゆ1頁

参考文献[編集]

公職
先代:
(新設)
日本の旗 松山高等学校長
1919年 - 1925年
次代:
橋本捨次郎
先代:
千葉県千葉中学校長
溝淵進馬
千葉県立千葉中学校
1901年 - 1907年
千葉県千葉中学校長
1899年 - 1901年
次代:
吉田賢龍