甲元眞之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甲元 眞之(こうもと まさゆき、1944年(昭和19年)5月27日 - )は、日本の考古学者熊本大学名誉教授

来歴[編集]

広島県吉舎町(現・三次市)生まれ。1967年東京教育大学文学部卒業。1972年東京大学大学院考古学科博士課程満期退学。2001年「中国新石器時代の生業と文化」で東大博士(文学)平安博物館勤務、1977年熊本大学文学部助教授。94年教授、2010年定年、名誉教授。98年浜田青陵賞受賞。八幡一郎に師事した。

著書[編集]

  • 『中国新石器時代の生業と文化』中国書店、2001
  • 『日本の初期農耕文化と社会』同成社、2004
  • 『東北アジアの初期農耕文化と社会』同成社、2008
  • 『東アジア先史学・考古学論究』慶友社 考古民俗叢書、2009

共編著[編集]

  • 弥生時代の知識』山崎純男共著 東京美術 考古学シリーズ、1984
  • 『縄文人・弥生人は何を食べたか』渡辺誠共編 雄山閣出版、2000 普及版・季刊考古学
  • 『東北アジアの青銅器文化と社会』編 同成社、2006
  • 上天草市大矢野町編 1(原始・古代)上天草いにしえの暮らしと古墳』杉井健共編著 上天草市史編纂委員会編 熊本県上天草市、2007
  • 『講座日本の考古学 弥生時代』寺沢薫共編 青木書店、2011

主要論文[編集]

参考[編集]