甲奴郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

甲奴郡(こうぬぐん)は、広島県備後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 府中市の一部(上下町松崎を除く上下町各町)
  • 三次市の一部(甲奴町太郎丸・甲奴町抜湯・甲奴町有田・甲奴町福田・甲奴町西野・甲奴町梶田・甲奴町本郷・吉舎町知和・吉舎町上安田)
  • 庄原市の一部(総領町各町)
  • 神石郡神石高原町の一部(階見)

歴史[編集]

名前の由来については、川沿いに広がる土地を指す「河野」「河内野(カハフチ野)」が訛ったという説や、傾斜した土地を意味する「傾き野(かぶきの)」が変化したという説など諸説存在する。古くから鉄の産地として知られ、平安時代初期には鉄を朝廷に献上していた記録が残る。当初は「かふの」とも読まれた。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 12村 上下村、小堀村、小塚村、黒目村、有福村、福田村、有田村、亀谷村、下領家村、中領家村、上領家村、五箇村
藩領 安芸広島藩 8村 稲草村、木屋村、知和村、梶田村、西野村、本郷村、深江村、矢野村
豊前中津藩 12村 階見村、岡屋村、斗升村、水永村、佐倉村、矢多田村、井永村、二森村、国留村、抜湯村、太郎丸村、安田村
  • 慶応4年5月16日1868年7月5日) - 幕府領が倉敷県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の広島県での施行により、行政区画としての甲奴郡が発足。「甲奴世羅三谿郡」役所が世羅郡甲山町に設置され、同郡・三谿郡とともに管轄。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。[ ]は合併した村。(29村)
    • 上下村矢野村[深江村・国留村・矢野村・矢多田村]、佐倉村井永村水永村斗升村岡屋村(現・府中市)
    • 階見村(現・府中市、神石郡神石高原町)
    • 二森村小塚村小堀村有福村(現・府中市)
    • 稲草村下領家村木屋村(現・庄原市)
    • 太郎丸村知和村安田村抜湯村有田村(現・三次市)
    • 五箇村黒目村亀谷村上領家村中領家村(現・庄原市)
    • 福田村西野村梶田村本郷村(現・三次市)
  • 明治28年(1895年9月21日(19村)
    • 佐倉村・井永村・水永村・斗升村・岡屋村が合併して清岳村が発足。
    • 福田村・西野村・梶田村・本郷村が合併して甲奴村が発足。
    • 二森村・小塚村・小堀村・有福村が合併して吉野村が発足。
  • 明治30年(1897年6月5日 - 上下村が町制施行して上下町となる。(1町18村)
  • 明治32年(1899年7月1日 - 郡制を施行。「芦品神石甲奴郡役所」が芦品郡府中町に設置され、同郡・神石郡とともに管轄。
  • 明治45年(1912年1月1日 - 稲草村・下領家村・木屋村が合併して田総村が発足。(1町16村)
  • 大正元年(1912年)10月1日 - 太郎丸村・知和村・安田村・抜湯村・有田村が合併して上川村が発足。(1町12村)
  • 大正2年(1913年2月1日 - 五箇村・黒目村・亀谷村・上領家村・中領家村が合併して領家村が発足。(1町8村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和29年(1954年3月31日(1町4村)
    • 上下町・矢野村・清岳村・吉野村・階見村の大部分が合併し、改めて上下町が発足。
    • 階見村の一部が神石郡高蓋村に編入。
  • 昭和30年(1955年)3月31日(3町)
    • 領家村・田総村が合併して総領町が発足。
    • 甲奴村および上川村の一部(知和および安田・太郎丸の各一部)が合併して甲奴町が発足。
    • 上川村の残部(安田・太郎丸の各残部)が双三郡吉舎町に編入。
  • 昭和32年(1957年6月10日 - 上下町が世羅郡甲山町の一部(松崎)を編入。
  • 昭和33年(1958年10月10日 - 甲奴町が世羅郡広定村と合併し、改めて甲奴町が発足。
  • 平成16年(2004年)4月1日(1町)
  • 平成17年(2005年)3月31日 - 総領町が庄原市・比婆郡西城町東城町口和町高野町比和町と合併し、改めて庄原市が発足。同日甲奴郡消滅。

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]