甲州百目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甲州百目

甲州百目(こうしゅうひゃくめ)は、日本各地で栽培されているの大型の品種。果実から干し柿が作られる。

古くから主に山梨県甲斐国 = 甲州)甲府盆地周辺で栽培されていることから、甲州の名が冠されている。

特徴[編集]

甲州百目は釣鐘形をした大型の不完全渋柿で、通常のものでも350グラムから400グラムほどになり、大きいものになると500グラム以上になる。百目の名称は百匁(約375グラム)から付けられたと言われている。

利用[編集]

12月中旬に年末贈答用として化粧箱に入れられて出荷される。

渋抜きを施して生食するほか、主な産地の甲府盆地では、ほとんどが干し柿として利用される。

製法[編集]

手作業で柿を剥く。

例年11月初旬に収穫が始まり、皮をむき燻蒸を施した後、吊るし柿にして20日間ほど天日で乾燥させる。その後、棚干しと呼ばれる作業に入るが、1個ずつ手作業により果実を揉んで柔らかさと形を整えていく。こうして出来上がった干し柿は枯露柿(ころがき)として化粧箱に入れられ年末の贈答用として出荷される[1]

甲州百目の産地として知られる甲州市松里地区では毎年11月から年末にかけて、民家の軒先に多数の干し柿が吊るされ、この季節ならではの風物詩となっている。

出典[編集]

  1. ^ JAフルーツ山梨 特産品 ころ柿