甲州石班澤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『甲州石班澤』
Kajikazawa in Kai province.jpg
作者 葛飾北斎
製作年 1831-33年天保2-4年)頃
種類 (初摺)藍摺木版画
(後摺)多色摺木版画
寸法 25.7 cm × 37.9 cm (10.1 in × 14.9 in)
鰍沢町教育文化会館(現:富士川町教育文化会館)

甲州石班澤」(こうしゅうかじかざわ)は、葛飾北斎名所浮世絵富嶽三十六景』全46図中の1図。

概要[編集]

本図は甲府盆地を潤す釜無川笛吹川が合流して富士川となる地点の鰍沢山梨県富士川町)を描いている。当地は富士川舟運の拠点で、兎の瀬と呼ばれる難所であった。

「石班澤」を「かじかざわ」と読ませるのは、カジカ(鰍)とウグイ(石斑魚)を誤った為と思われる[1]

画面中央には岩場から波打つ富士川に向かう漁師の姿が描かれ、三角形の構図が富士の稜線と相似形を成す。漁師の傍らには子どもとが描かれている。漁師の漁具が四手に分かれていることから鵜飼の綱とする意見もあるが、殆どの研究者は投網と見なしている[2][3][4][5][6][1][7][8][9]。また、物理学的観点から、この描写では投網とも鵜飼とも言えないとの意見もある[10]

初摺は藍摺であるが、後摺では多色摺になっている[2][11]。雲間には橙色が引かれ、朝靄から富士が姿を現す場面が表現されている。

北斎漫画 十三編』には「(甲州)猪ノ鼻」の題で、富嶽を省略した上で本図を反転させた図が載せられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • Lane, Richard (1989). Hokusai:Life and Work. London: Kalmann&King. 
    • レイン, リチャード『伝記画集 北斎』竹内泰之訳、河出書房新社、1995年。ISBN 4309255019。
  • 永田, 生慈『北斎美術館2 風景画』集英社、1990年。ISBN 408597002X。
  • 『北斎と広重 ふたりの富嶽三十六景』山梨県立博物館、山梨県立博物館、2007年。
  • 永田, 生慈『限定版 新撰 葛飾北斎 永寿堂版「富嶽三十六景」』小学館、2014年。ISBN 4096998664。
  • 秋田, 達也「甲州石班澤」『日本美術全集15 浮世絵と江戸の美術』大久保純一、小学館、2014年。ISBN 4096011150。
  • 有泉, 豊明『葛飾北斎 富嶽三十六景を読む』目の眼、2014年。ISBN 4907211031。
  • 津田, 卓子「甲州石班澤」『北斎だるせん!』名古屋市博物館、名古屋市博物館、2017年。
  • The British Museum, ed. (2017). Hokusai: beyond the Great Wave. London. 
    • キーズ, ロジャー、クラーク, ティモシー「甲州石班澤」『北斎 富士を超えて』あべのハルカス美術館ほか編、矢野明子・定村来人訳、2017年。「大英博物館からの巡回展」
  • 小山, 周子「甲州石班澤」『大浮世絵展 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演』国際浮世絵学会ほか、東京都江戸東京博物館、2019年。
  • 日野原, 健司『北斎 富嶽三十六景』岩波書店岩波文庫〉、2019年。ISBN 4003358112。

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、甲州石班澤に関するカテゴリがあります。