甲州鳥もつ煮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

甲州鳥もつ煮
GazouBoshu.png
主な地域 山梨県
発案時期 1950年昭和25年)頃
発案店(発案者) 奥藤(塩見勇蔵・力造)

甲州鳥もつ煮(こうしゅうとりもつに)は、山梨県で食べられている、ニワトリモツ砂糖醤油で煮込んだ郷土料理。完成品は水分が少なく、照り焼きに似た状態となる。甲州とは甲斐国のことであり、山梨県と同じ範囲にあった令制国の名称。

同県内では一般に「鳥もつ煮」と呼ばれているが、発祥の店がある甲府市の名を採って「甲府鳥もつ煮」とも呼ばれる。

目次

概要

鳥もつと総称される部位のうち、主に砂肝ハツレバーキンカンを使用した料理である。の内臓肉を使用したもつ煮込み(関東風煮込みや九州のもつ鍋)とは異なり、発祥の店「奥藤(おくとう)」のレシピでは砂糖醤油だけを使って小鍋で素早く照り煮する。飴状のタレが絡まっていて汁気はない。このタレ自体は焼き鳥で使用されるタレに酷似している。

山梨県内では、蕎麦屋、ほうとう屋などの定番メニューとして認知されており「鳥もつ」といえばこれの事を指す。甲府市役所が発行する甲府市観光ガイドには、ほうとう煮貝と並んで紹介されている。また県内スーパーにおいても、定番のお惣菜としてよく見かけられたが近年ではお惣菜の種類が増えたこともあり店頭に並べられることは少なくなった。一方、奥藤本店には「元祖鳥もつ」の看板が掲げられており奥藤暖簾会に属する店では、現在でも「甲州名物 奥藤鳥もつ煮」と書かれた幟が立っており、その味を受け継いでいる。

歴史

山梨県甲府市にある蕎麦屋「奥藤(おくとう)」において、1950年昭和25年)頃に2代目主人・塩見勇蔵が鳥もつを使って料理を造ることを発案、調理担当の弟・塩見力造がレシピを完成させた。

2009年(平成21年)から、甲府市役所職員の若手有志の集まりより「甲府鳥もつ煮」と銘打って山梨県内B級グルメとして「鳥もつ」の全国に向けてのPR活動が行われており、「縁をとりもつ」という語呂合わせとともに、B級グルメブームと地域おこしの二つの概念から知名度の向上を目指している[1]。同年、愛Bリーグに加盟[2]。また、同年11月5日放送の『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ)では、そば屋で鳥もつ煮が習慣的に食べられていると紹介された。加えて、焼き鳥屋で鳥もつ煮を販売していない店がある事も紹介された。

2010年(平成22年)9月18、19日に開催された「第5回B-1グランプリin厚木」に初出場し、ゴールドグランプリ(優勝)を獲得した[3]。準会員としては、初のケースとなった。

類似の料理

  • 中華料理には、ニワトリのモツを生姜八角と共に醤油で煮込んだ料理がある。完成品は甲州鳥もつ煮のように汁気が少なく類似しているが、薬味と共に煮込んでいるため風味が異なる。
  • 山形県新庄市では、古くから鳥のもつ煮込みが食べられており、とりもつをラーメンに乗せたとりもつラーメンも名物となっている。一般的なもつ煮込みと同様、水から煮込んで味噌醤油などで味をつける。

脚注

[ヘルプ]

関連項目

今日は何の日(2月28日

もっと見る

「甲州鳥もつ煮」のQ&A