甲府地方気象台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
甲府地方気象台
甲府地方気象台の位置(山梨県内)
甲府地方気象台
甲府地方気象台
甲府地方気象台所在地

甲府地方気象台(こうふちほうきしょうだい)は、山梨県甲府市飯田にある地方気象台。山梨県全域を管轄とする。

概要[編集]

甲府
雨温図(説明)
123456789101112
 
 
34
 
9
-3
 
 
45
 
10
-2
 
 
83
 
14
2
 
 
83
 
20
8
 
 
78
 
24
13
 
 
131
 
27
18
 
 
133
 
30
21
 
 
146
 
32
22
 
 
191
 
27
19
 
 
108
 
22
12
 
 
55
 
16
5
 
 
24
 
11
-1
気温(°C
総降水量(mm)
出典:気象庁

東京管区気象台の管轄下にあり、地上気象観測、地域気象観測(アメダス)、生物季節観測からなる気象観測業務、予報業務、地震情報・防災・広報業務を行っている。

全国ニュース等で報じられる富士山初冠雪は、同気象台より職員が目視で観測したものである[1]。譬え静岡県側が冠雪したとしても、甲府から見えなければ初冠雪とはされない[2]。同気象台では甲斐駒ヶ岳の初冠雪も観測している。1980年から2010年までの初冠雪の平年値は、富士山が9月30日、甲斐駒ヶ岳が10月27日である[3]

沿革[編集]

  • 1894年(明治27年)8月 - 甲府市西青沼(現在の宝地区)に県の機関、甲府測候所として創立。
  • 1938年(昭和13年) - 国の機関に移管。
  • 1945年(昭和20年)7月7日 - 甲府空襲により、庁舎・附属舎が全焼(この時は同市の伊勢地区に所在)。
  • 1951年(昭和26年)11月 - 現所在地(甲府市飯田)に移転。
  • 1957年(昭和32年)9月 - 甲府地方気象台に昇格。
  • 1993年(平成5年)3月 - 新庁舎竣工。

位置情報[編集]

  • 山梨県甲府市飯田4丁目7-29
  • 甲府駅より約1.5km西方の住宅地にあり、標高273mに位置する。

主な観測史上記録[編集]

  • 降水量 244.5mm(1945年10月5日)
  • 最大24時間降水量 294.5mm(2000年9月11日)
  • 最高気温の高い方から 40.7℃(2013年8月10日)日本歴代第5位(2013年8月現在)
  • 日最高気温の低い方から 氷点下2.5℃(1936年1月25日)
  • 最低気温の低い方から 氷点下19.5℃(1921年1月16日)
  • 日最低気温の高い方から 27.4℃(2013年8月11日)
  • 最小相対湿度 3%(2009年2月12日)
  • 最大瞬間風速 43.2m/s(1959年8月14日)
  • 最深積雪量 114cm(2014年2月15日)

出典[編集]

  1. ^ 甲府地方気象台 富士山初冠雪と発表 昨年より27日早く 毎日新聞 2018年9月28日閲覧
  2. ^ 富士山で初冠雪 気象台からも発表 ウェザーニュース 2018年9月28日閲覧
  3. ^ 初冠雪の記録(甲府) 甲府地方気象台 2018年9月28日閲覧

座標: 北緯35度40分3.0秒 東経138度33分14.6秒 / 北緯35.667500度 東経138.554056度 / 35.667500; 138.554056