甲斐野央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
甲斐野 央
福岡ソフトバンクホークス #20
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西脇市
生年月日 (1996-11-16) 1996年11月16日(22歳)
身長
体重
187 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年3月29日
年俸 1,500万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

甲斐野 央(かいの ひろし、1996年11月16日 - )は、兵庫県西脇市黒田庄町出身のプロ野球選手投手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

少年野球のコーチである実父の影響[1]で、西脇市立桜丘小学校3年時から黒田庄少年野球団で投手としてプレー。西脇市立黒田庄中学校時代には、校内の軟式野球部で活動した[2]。3年時には、Kボール全国秋季大会に兵庫県選抜で出場すると、選抜チームを優勝に導いた。

東洋大学付属姫路高等学校への進学を機に硬式野球を始めたが、1年時の秋からベンチ入りを果たすと三塁手として対外試合に出場。2年時の夏には、背番号3の控え投手として先発のマウンドに立った。2年時の秋には、松本航などと共に兵庫県選抜チームの一員としてタイへの遠征に参加している。3年時には、背番号5を着用しながらエース格の投手として活躍する。クリーンアップの一角を担いながら、対外試合で三塁を守ることもあった。

東洋大学付属姫路高等学校への在学中には、春夏とも阪神甲子園球場の全国大会へ出場できなかったが、地元球団の阪神タイガースをはじめ、NPB数球団のスカウトから投手として高く評価されていた。もっとも、甲斐野自身はプロ志望届日本学生野球協会へ提出せず、系列校の東洋大学へ進学。進学を機に投手へ専念した。大学での同期生には、甲斐野と同じ右投手の上茶谷大河梅津晃大PL学園高等学校出身の中川圭太がいた。

東洋大学への進学後は、1年秋の東都大学野球2部リーグ戦から登板機会を得ると、2年時からストレートの球速が150km/h台に到達した。3年秋には、リーグ戦初勝利を挙げたことを皮切りに、救援投手として5勝1敗、防御率2.02をマーク。リーグ最優秀投手とベストナインのタイトルを獲得した。このシーズンと、監督の交代(高橋昭雄→杉本泰彦)を機にクローザーへ抜擢された4年春のリーグ戦では、2季連続で胴上げ投手になっている。

東洋大学への在学中には、2部時代を含めてリーグ戦で通算38試合に登板。先発登板は2試合にとどまったものの、救援中心の登板で8勝4敗、防御率1.96という成績を残した。さらに、4年時の夏には第42回日米大学野球選手権大会ハーレム国際野球大会日本代表として出場。両大会とも主にクローザーとして起用されると、両大会通算7試合の登板(通算投球イニング13回1/3)で24奪三振、無失点と好投した。2018年8月29日明治神宮野球場で催されたU-18アジア選手権日本代表の壮行試合では、大学日本代表の7番手投手として9回表に登板すると、大阪桐蔭高等学校からU-18日本代表に選ばれていた根尾昂に投じたストレートで158km/hを記録した[3]。この記録は、神宮球場で催された学生野球の試合中にスコアボードへ表示された投手の球速としては、最速記録とされている[4]

以上の活躍に加えて、東洋大学が自身の3年春からリーグ3連覇を果たしていたことも背景に2018年のNPBドラフト会議の直前には上茶谷や梅津と並んで1位指名候補に挙げられていた[1]。実際には、プロ志望届を会議前に提出したことを受けて福岡ソフトバンクホークスから1巡目で指名された。小園海斗への指名重複による抽選で独占交渉権を逃した末の再指名であったが、年俸1,500万円、契約金1億円に出来高分の5,000万円(金額は推定)を加えた最高の条件で入団に至った[5]。背番号は20。この会議では、甲斐野と同学年で東洋大学から上茶谷が1巡目で横浜DeNAベイスターズ、梅津が2巡目で中日ドラゴンズ、中川が7巡目でオリックス・バファローズから指名され、いずれも後に入団している。

プロ入り後[編集]

2019年3月29日、開幕戦となる対埼玉西武ライオンズ1回戦の延長10回からプロ初登板し、この回を3者連続三振に切って取る。次の11回には1安打を許すも2三振で無失点。11回裏にアルフレド・デスパイネのサヨナラ安打でソフトバンクが勝利し、プロ入り初勝利、かつ2019年の新人投手の初勝利一番乗りとなった[6]

その後、開幕から調子の上がらない加治屋蓮に代わって8回のセットアッパーとして起用されるようになると、4月25日オリックス・バファローズ戦で開幕から11試合連続で無失点とし、ルーキーによる開幕からの連続無失点試合数の日本新記録を樹立した。記録は13まで伸ばしたが、5月3日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で山下斐紹にホームランを浴び、記録はストップした。[7]

選手としての特徴[編集]

最速159km/hの速球と140km/h台のフォークボールを中心に投球を組み立て[8][9]、公称で最速158km/h(前述)のストレートについては、東洋大学4年時(2018年)の東都大学野球春季リーグ・対立正大学戦(神宮)での救援登板でストレートを投じたところ、甲斐野の投球を視察していたMLB球団スカウトのスピードガンで159km/hを計測した(神宮球場での球速表示では152km/h)[10]。プロ入り後の最速は158km/h[11]

東洋大学への入学後から投手へ専念したにもかかわらず、右投手としてNPBの数球団で活躍した玉井信博(3年時の2017年シーズンからコーチへ就任)の指導によって、4年時には大学球界を代表するクローザーにまで成長した。その一方で、球界関係者からは先発投手としての素養も見込まれている。現に、4年時に参加した大学日本代表選考合宿で甲斐野の投球動作を解析したところ、投じたボールの毎分回転数が2400回以上に達することが判明した。この回転数は合宿に参加した代表候補投手で最も多く、MLB投手の平均値(毎分2263回転)を上回るという[12]

人物・エピソード[編集]

甲斐野は中学生時代の2010年2月、当時住んでいた黒田庄町内で黒田庄中学校の軟式野球部員として「ようこそ!野球教室」(当時ABCラジオで土曜日の朝に放送されていた『ようこそ!伊藤史隆です』と日本民間放送連盟所属の民放ラジオ101社統一キャンペーン『ラジオがやってくる』の連動企画)へ参加、福本豊から実技指導、『ようこそ!伊藤史隆です』アシスタントの林智美からインタビューを受けたばかりか、その模様が同年3月6日の同番組で放送された。

詳細情報[編集]

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 20 (2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「I was Bone To Love you」 Queen(2019年 - )

[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【ドラフト1位候補大解剖】東洋大“トリオ” 完成度抜群の“王様”上茶谷、最速159キロ!甲斐野、潜在能力高い187センチ右腕・梅津(1)(『ZAKZAK2018年10月23日付記事)
  2. ^ 2018ドラフト指名選手 中学野球目線で見た指名選手の都道府県ランキング!”. ヤキュイク・powered by BASEBALLKING (2018年10月29日). 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ 藤原&根尾を斬った!東洋大・甲斐野、出た158キロ「奇跡の1球かも」(『サンケイスポーツ2018年8月29日付記事)
  4. ^ 大学侍・甲斐野、神宮自己最速の158キロで高校侍を圧倒!(『スポーツ報知2018年8月28日付記事)
  5. ^ ソフトバンク1位甲斐野が契約合意 将来は守護神に(『日刊スポーツ2018年11月27日付記事)
  6. ^ a b “ソフトバンク甲斐野「うれしい」新人初勝利一番乗り”. 日刊スポーツ. (2019年3月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903290001303.html 2019年3月30日閲覧。 
  7. ^ ソフトバンク甲斐野「技術不足」無失点記録ストップ” (2019年5月3日). 2019年5月13日閲覧。
  8. ^ ソフトBドラ1甲斐野、スーパースター柳田と対戦熱望「三振取りたい」”. 西日本スポーツ (2018年11月28日). 2018年4月5日閲覧。
  9. ^ ドラ1候補東洋大・甲斐野155キロ、スカウト絶賛”. 日刊スポーツ (2018年4月24日). 2018年4月5日閲覧。
  10. ^ 東洋大・甲斐野159キロ!メジャースカウトが計測(『日刊スポーツ2018年5月17日付記事)
  11. ^ ソフトバンク甲斐野158キロデビュー本拠どよめく”. 日刊スポーツ (2019年3月3日). 2018年4月5日閲覧。
  12. ^ 【ドラフト1位候補大解剖】東洋大“トリオ” 完成度抜群の“王様”上茶谷、最速159キロ!甲斐野、潜在能力高い187センチ右腕・梅津(2)(『ZAKZAK2018年10月23日付記事)
  13. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月5日閲覧。

関連項目[編集]