申鉉ファク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
本来の表記は「申鉉碻」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
申鉉
各種表記
ハングル 신현확
漢字 申鉉碻
発音: シンヒョナク
ローマ字 Shin Hyeon Hwak
テンプレートを表示

申 鉉(シン・ヒョナク、1920年12月29日 - 2007年4月26日)は大韓民国政治家創氏改名時の日本名平林佑國

略歴[編集]

慶尚北道漆谷郡出身。大邱高等普通学校から京城帝国大学を経て、1943年高等文官試験に合格して農商務省に入省。

韓国独立後は、大邱大学校教授を経て1951年商工部工業局工程課長として官界に復帰。1957年には復興部次官兼外資庁長官代理となり1959年に復興部長官となるが、四月革命で逮捕され官界を追放。その後は、東海電力・双龍産業社長を歴任するなど実業界で活動する。

1973年第9代総選挙民主共和党の公薦(公認)で出馬(地域区)し、当選して政界復帰。1978年第10代総選挙でも再選を果たし、その間1975年保健社会部長官、1978年に経済企画院長官兼副総理を歴任。

1979年朴正煕大統領暗殺に伴い崔圭夏国務総理が大統領に昇格すると、国務総理不在の中で国務総理の職務を実質代行し、12月13日に崔大統領の任命によって国務総理に就任することになった。しかし前日の12月12日粛軍クーデターが勃発、全斗煥率いる軍部によって権力掌握が進む中で実効ある政策を取れぬまま翌1980年5月21日に国務総理を解任され憲法改正審議委員会委員長に就任。その後、国政諮問委員会委員・日韓協力委員会委員長を歴任した。

政界を退いた後は三星物産会長や三星美術文化財団理事長・全国経済人連合会企業倫理委員長など実業界で活動しながら、盧泰愚政権下で行政改革委員会委員長を務めた。2007年4月26日脊椎骨折の為86歳で死去。


公職
先代:
崔圭夏
韓国の旗 大韓民国国務総理
第13代:1979 - 1980
次代:
朴忠勲
(代理)
先代:
南悳祐
韓国の旗 大韓民国経済企画院長官
第23代:1978 - 1979
次代:
李漢彬 (ko)
先代:
高在珌
韓国の旗 大韓民国保健社会部長官
第16代:1975 - 1978
次代:
洪性澈
先代:
宋仁相
韓国の旗 大韓民国復興部長官
第4代:1959 - 1960
次代:
全禮鎔