男と女3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男と女3 -TWO HEARTS TWO VOICES-
稲垣潤一カバー・アルバム
リリース
録音 2010年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル ユニバーサル ストラテジック マーケティング ジャパン
プロデュース 末崎正展
チャート最高順位
稲垣潤一 年表
男と女2 Special Edition
2009年
男と女3
2010年
男と女3 Special Edition
(2010年)
男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES- BOX (Special edition)
(2010年)
テンプレートを表示

男と女3 -TWO HEARTS TWO VOICES-』(おとことおんな スリー)は、2010年9月29日リリースの稲垣潤一アルバムである(CD: UICZ-4234)。

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. 愛が止まらない (Originally titled as TURN IT INTO LOVE) (duet with 相川七瀬
    オリジナルはWink[2]1988年11月16日リリース
    相川七瀬 by the courtesy of motorod/AVEX ENTERTAINMENT INC.
  2. 浪漫飛行 (duet with NOKKO
    オリジナルは米米CLUB。1990年4月8日リリース
  3. 異邦人 (duet with 荻野目洋子
    オリジナルは久保田早紀。1979年10月1日リリース
    荻野目洋子 by the courtesy of Victor Entertainment, Inc.
  4. TOMORROW (duet with 玉城千春 from Kiroro
    オリジナルは岡本真夜1995年5月10日リリース
    玉城千春 (from Kiroro) by the courtesy of Victor Entertainment, Inc.
  5. 恋心 (duet with 杏子)
    オリジナルは相川七瀬1996年10月7日リリース
    杏子 by the courtesy of Augusta Records/Ariola Japan Inc.
  6. シルエット・ロマンス (duet with 川嶋あい
    オリジナルは大橋純子1981年11月5日リリース
    川嶋あい by the courtesy of TSUBASA RECORDS CO.LTD
  7. 笑顔の行方 (duet with 水樹奈々
    オリジナルはDREAMS COME TRUE1990年2月10日リリース
    水樹奈々 by the courtesy of KING RECORDS Co., Ltd.
    本田雅人 by the courtesy of Sony Music Japan International Inc.
  8. あなたに会えてよかった (duet with 島谷ひとみ
    オリジナルは小泉今日子1991年5月21日リリース
    島谷ひとみ by the courtesy of AVEX ENTERTAINMENT INC.
  9. また君に恋してる (duet with 藤本美貴
    オリジナルはビリー・バンバン2007年11月7日リリース
    藤本美貴 by the courtesy of UP-FRONT WORKS
    本田雅人 by the courtesy of Sony Music Japan International Inc.
  10. 埠頭を渡る風 (duet with EPO
    オリジナルは松任谷由実1978年10月5日リリース
    EPO by the courtesy of WARNER MUSIC JAPAN INC.
    本田雅人 by the courtesy of Sony Music Japan International Inc.
  11. 夢をあきらめないで (duet with 小比類巻かほる
    オリジナルは岡村孝子。1987年2月4日リリース
  12. オリビアを聴きながら (duet with ヘイリー
    オリジナルは杏里1978年11月5日リリース
    Hayley Westenra by the courtesy of Decca Music Group

参照[編集]

  1. ^ 『男と女3 -TWO HEARTS TWO VOICES-』歌詞カードの参加ミュージシャンのクレジットより。
  2. ^ 正確には、Hazell DeanのTurn It Into LoveをWINKが日本語訳でカヴァーした楽曲をオリジナルとしている。

関連項目[編集]