男はつらいよ 寅次郎恋歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
男はつらいよ 寅次郎恋歌
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 島津清
出演者 渥美清
池内淳子
吉田義夫
岡本茉莉
志村喬
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1971年12月29日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億円[1]
前作 男はつらいよ 奮闘篇
次作 男はつらいよ 柴又慕情
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎恋歌』(おとこはつらいよ とらじろうこいうた)は、1971年12月29日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの8作目。同時上映は『春だドリフだ!全員集合!!』。

あらすじ[編集]

冒頭で寅次郎は、雨の中、上演ができなくなった「坂東鶴八郎一座」と出会う。

博の母が死去。その際、博の父(志村喬)の話をしんみりと聞き、さすがのフーテンの寅も家庭の幸せについて真剣に考えるようになる。「りんどうの花が咲き乱れ、夕げの明かりとともに笑い声が聞こえてくる…」。柴又に帰った寅次郎は、例によって独特の節回しで自らが理想とする家庭像をおいちゃんたちに聞かせてみたが反応はいまひとつで、柴又の者は教養がないとして呆れる。

そんな時、近所に美人の未亡人・貴子(池内淳子)が経営する喫茶店がオープン。数日後、偶然に店の扉を開けた寅次郎は、店を一人で切り盛りする貴子の姿を再び目にすると、たちまち脱け殻のようになってしまった。足繁く通っては大嫌いなコーヒーを飲み、貴子と家庭の幸福を分かち合うことを夢見るが…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 諏訪飈一郎(ひょういちろう):志村喬

ロケ地[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:148万1000人[1]
  • 配給収入:4億円[1]
  • 上映時間:113分

受賞[編集]

備考[編集]

  • 源公役の佐藤蛾次郎は本作の宣伝ポスターに名を連ねていたが、撮影直前に交通事故に遭い、それに伴う入院のため、シリーズ全48作品中、本作のみ出演していない。
  • 初代おいちゃん役の森川信が出演したシリーズ最後の作品である。
  • 本作では、寅次郎が高知県に立ち寄ったことがセリフのみの形で語られている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。