男はつらいよ 幸福の青い鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
男はつらいよ 幸福の青い鳥
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
出演者 渥美清
倍賞千恵子
志穂美悦子
長渕剛
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1986年12月20日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億3000万円[1]
前作 男はつらいよ 柴又より愛をこめて
次作 男はつらいよ 知床慕情
テンプレートを表示

男はつらいよ 幸福の青い鳥』(おとこはつらいよ しあわせのあおいとり)は、1986年12月20日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの37作目。

作品概要[編集]

  • 島崎美保はかつて寅次郎が知り合いだった一団の子役として大空小百合という芸名で何度か登場しており、本作では成長した姿であるとされている[注 1]
  • 本作では美保の父親で旅回り一座の座長が亡くなったとの設定になっているが、これは座長役を演じていた吉田義夫が既に病に倒れていたためで、吉田は本作公開の2日後に死去している。
  • 今回は島崎美保と倉田健吾のストーリーを全面に押した構成としているため寅次郎の活躍がやや薄い。次第に恋仲になっていく若い2人を演じた長渕剛志穂美悦子はのちに結婚した[注 2]
  • 1986年は松竹大船撮影所50周年記念映画『キネマの天地』を制作したために、その年の夏に「男はつらいよ」の映画公開は見送られた[2]。そのため劇中では前作から1年が経過しており、さくらも「お兄ちゃん、もう一年もご無沙汰よ」と言及している。

あらすじ[編集]

夢はさくらたちが「青い鳥」を探しに山に入り、死にそうになっている。寅次郎が現われ、青い鳥を捕まえ、幸福の国を見つけたという…。

寅次郎は萩から、昔炭鉱で栄えた九州の筑豊に旅に来ていた。そこで昔贔屓にしていた飯塚の芝居座長が亡くなったことを聞きお悔やみを述べに行った。そこで亡くなった座長の一人娘・「大空小百合」の芸名で活躍していた美保(志穂美悦子)と再会。「寅さん!」と覚えていてくれた。唯一の肉親を亡くし、旧炭鉱住宅でひっそり暮らす美保。その幸薄い姿に同情した寅次郎は一生懸命彼女を元気づけ、とらやに遊びに来るように勧めた。美保は寅次郎の好意が嬉しくて約束通り上京して、とらやに電話をかける。ところが、寅次郎が不在だったこともあり、気落ちし体調を崩してしまう。そんな折、偶然出会った映画の看板屋で働く青年健吾(長渕剛)と知り合い、一晩厄介になる。とらやで再会し、仕事の当てもない彼女を人手を欲しがっていた近所のラーメン店に紹介して喜ばれた寅次郎は、今度は婿探しだとばかり張り切って、市役所の結婚相談所まで出向く。

一方、再会した美穂と健吾は互いの気持ちを素直に伝え合うことができず、健吾は美術展に落選ばかりしていることでくすぶっていた。「ここに泊まっていってくれ」と言われて、けんかをして別れてしまう。健吾がとらやまで美保に謝りにくる。二人は不器用ながらもお互い好き合っていたのだった。店を出て行く健吾を追いかけるように、寅次郎が後押しをする。

その他[編集]

デビュー間もない時期の有森也実が、台詞が一言で一瞬アップで映る温泉場の娘役で出演している。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

同時上映[編集]

  • 『愛しのチィパッパ』

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本作以前に本シリーズで美保を演じていたのは志穂美悦子ではなく、岡本茉利
  2. ^ ただし、2人の交際が始まったのは本作の撮影直前に放送された『親子ゲーム』(TBS)での共演がきっかけである。

出典[編集]

  1. ^ a b 1987年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 2006年11月4日放送.「寅さんレビュー」より
  3. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。