男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
佐生哲雄
出演者 渥美清
田中裕子
倍賞千恵子
朝丘雪路
沢田研二
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 日本の旗 1982年12月28日
公開 松竹
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 15億5000万円
前作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
次作 男はつらいよ 旅と女と寅次郎
テンプレートを表示

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』(おとこはつらいよ はなもあらしもとらじろう)は、1982年12月28日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの30作目。上映時間は106分。観客動員は228万2000人[1](シリーズ歴代3位)、配給収入は15億5000万円[2](15億4000万円[1]とも)。

あらすじ[編集]

寅次郎が旅先で見た夢は『ウエストサイド物語』の世界であり、ブルックリンが荒れているという話で、スケコマシのジュリー(沢田研二)が踊る。ジュリーに声をかけられたさくらが「お兄ちゃんに比べればイモよ」と言うと、ハンフリー・ボガートのようなファッションの「ブルックリンの寅」が出てきて、ジュリーは貫禄負けをして去る。倍賞の所属していたSKD松竹歌劇団がダンサーとして出演(振付:松見登)。「TORAYA」と書かれたドアが開いて、階段の上のほうに立っているとらやの一同が、ブルックリンの人びとのような扮装で、ダンサーたちの踊りを見守る。

柴又に帰ってきた寅次郎だが、身持ちの悪い幼馴染の桃枝と少し破廉恥な挨拶をしたことに始まり、夕食時に松茸の奪い合いをしたことで、おいちゃんに「出て行け」と言われ、「それを言っちゃあ、おしまいだよ」と言って、すぐに家を飛び出す。[3]

大分・湯平(ゆのひら)温泉にやってきた寅次郎は、動物園[4]でチンパンジーの飼育係をやっている三郎という青年(沢田研二)に出会う。三郎は、この地でかつて旅館の女中として働いていた母親を近頃亡くし、遺骨を東京からはるばるこの思い出の地まで運んできて、母の生まれ故郷である近くの杵築に埋葬しようとしていた。その話を聞いて心打たれた寅次郎は、法事を営む手伝いをする。東京の大丸デパートに勤める、旅行中の螢子(けいこ=田中裕子)とゆかり(児島美ゆき)にも、たまたま同宿していたことで法事に参列してもらった縁で知り合い、翌日四人は、法事のお礼にと三郎が運転する車で観光を楽しむ。大分での別れ際、それまですました態度を取っていた三郎は、螢子に唐突に「僕とつきおうてくれませんか」と言う。無論、螢子は「急にそんなこと言われても」と言うだけだった。寅次郎はそんな三郎を見て笑うが、「東京へ帰ったらもういっぺん顔が見たいな」とでも言っておけばいいのにとアドバイスしたところ、三郎はなるほどと感じる。寅次郎にもっと教えを請いたいと思った三郎は、一緒に行動してと頼み、自分の車に乗せて柴又まで連れ帰る。

無事寅次郎を送り届け、とらやで温かくもてなされた三郎は、帰り際、寅次郎に螢子の件をよろしくと頼む。寅次郎は、螢子が三郎ではなく自分に惚れていることを無意識に望んでいるのだが、三郎の気持ちに応える形で恋のキューピッド役に徹する。螢子が大分での写真を持ってとらやへ来たことをきっかけとして、螢子に会いに行き、三郎の想いを語る。ところが、「ちょっと付き合ってみるか」と言う寅次郎に、螢子は断り、「あんまり二枚目だもん」という理由を口にする。

面倒で複雑なことに首を突っ込んでしまったと思いつつも、寅次郎は「だまし討ちのお見合い」を画策し、三郎と螢子は再会する。しかし、三郎は寅次郎のアドバイスに従おうとするものの、形式を追うばかりで、まったく会話がはずまない。「どうしてあたしなんかと付き合いたいの」という螢子の問いにも、「好き」の一言が言えない。そんな三郎とデートを重ねた螢子は、寅次郎に悩みを告白する。何でも話せ、何時間一緒にいても退屈しない寅次郎と違い、チンパンジーの話しかせず、早く一人になりたいなと思わされてしまう三郎とこのままやっていけるだろうかと。寅次郎は、「今度あの子に会ったら、こんな話しよう、あんな話もしよう、そう思ってうち出るんだ。いざその子の前に座ると、全部忘れちゃうんだね。で、バカみたいに黙りこくってるんだよ。そんなてめーの姿が情けなくって、涙がこぼれそうになるんだよ」と、恋する三郎の気持ちを代弁する。

螢子は、そんな三郎の気持ちが分かりつつも、一番大事なことだけは三郎と話し合いたかったのだが、寅次郎たちの励ましに背中を押される形で、三郎に会いに行く。三郎の勤める動物園に併設された観覧車の中で、三郎はまたもチンパンジーの話を始めるかのようであった。しかし、それは螢子への気持ちを語る前置きにすぎなかった。ついに三郎は、螢子が言ってほしかった言葉を口に出して言う。「好きや」。

そんな二人の恋愛の成就を知らない寅次郎は、三郎の役に立てず申し訳ないと思いつつ、旅立とうとする。さくらから二人の結婚の連絡があったことを聞くが、その刹那、無意識に存在していた自分の心の中を理解する。二人の結婚を直接祝福をすることはつらく、「やっぱり二枚目はいいな。ちょっぴり妬けるぜ」との言葉を残し、そのまま旅に出てしまう。しかし正月に、寅次郎からとらやに電話がかかってきて、たまたま来ていた螢子と話をする。寅次郎への感謝の気持ちを抑えきれずに言葉を詰まらせる螢子の様子に、二人がうまくいっていることを確信し、寅次郎も涙ぐむのであった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

受賞歴[編集]

エピソード[編集]

  • 本作で共演後、田中裕子と既婚者の沢田研二は不倫関係となり、1987年1月に沢田が妻・伊藤エミと離婚し、1989年11月に出雲大社で田中と沢田は式を挙げた[5]
  • 後の『男はつらいよ 寅次郎紅の花』では、満男と寅次郎の会話のやりとりで、本作の出来事が言及されている。
  • 本作のタイトルの由来は、映画版『愛染かつら』の主題歌であった『旅の夜風』の歌詞。劇中で寅次郎が「花も嵐も踏み越えて」と鼻歌を歌って帰ってくるシーンがある。

劇中車[編集]

大分での観光のシーンに登場する日産・ブルーバードは通算6代目のモデルで、沢田研二本人がCM出演していたもの。「ブルーバード、お前の時代だ」といわれスーパーソニックラインが特徴だった3代目・510型以来の大ヒット車種となった。ちなみに、使われているモデルは前期型の1800GLである。

同時上映[編集]

  • 『次郎長青春篇 つっぱり清水港』

脚注[編集]

  1. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
  2. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ おいちゃんは、寅次郎が出て行った後すぐ、さくらに「なんで止めねーんだ。お前が止めてくれると思ったから、俺は(寅次郎に出ていけと言ったんだ)」と言い、他の家族ともども寅次郎を気の毒に感じている。寅次郎が三郎とともに帰ってくる直前にも、反省の言葉を述べている。
  4. ^ 三郎は「おふくろと一緒に東京に出て」と言っており、動物園の所在地は劇中では東京近辺ということしか分からない。ただし、ロケ地は別掲のように千葉県にあった谷津遊園である。
  5. ^ “伊藤エミさん死去 沢田研二と離婚 慰謝料は18億円超も沢田姓で通す”. スポーツニッポン. (2012年6月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/28/kiji/K20120628003561920.html 2012年8月18日閲覧。 
[脚注の使い方]

関連項目[編集]