男ノ子焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

男ノ子焼(おのこやき)は、福岡県八女市立花町で焼かれていた陶器

約400年前、柳川藩主・立花宗茂が朝鮮半島から連れ帰った陶工によって始められたという。以後80年間、柳川藩主の御用窯として栄えたが、熊本県北部の小岱山麓に窯を移したため、途絶えたと伝えられている。現在、再興を目的に「男ノ子焼の里」という施設が建てられ、陶芸家を招致し、焼き物が焼かれている。毎年春に行われる「男ノ子焼の里れんげ祭り」などでは窯開きが行われ、市内外からの人出でにぎわっている。

出典[編集]