男女りすなぁ若者語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
男女りすなぁ若者語
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1988年10月1995年3月
放送時間 月 - 木曜 21:00 - 23:00
放送局 TBCラジオ
パーソナリティ 本文参照
ディレクター 佐藤辰雄[1]
テンプレートを表示

男女りすなぁ若者語(だんじょりすなぁわかものがたり)は、1988年10月1995年3月に掛けて、TBCラジオ(東北放送)で月曜日~木曜日の21:00~23:00(ただし、プロ野球ナイター中継が延長した場合は短縮あり)に放送されていたラジオ番組である。若りすと略されていた。

パーソナリティー[編集]

  • 月曜
    • 高橋長子(ちょうこねえ) (1988年10月~1990年3月)
    • 大浦まゆみ(おまゆ) (1990年4月~1992年9月)
    • 佐藤育美 (1992年10月~1995年3月)
  • 火曜
  • 水曜・木曜
    • 本間秋彦
    • 山本陽子(アシスタント 1988年10月 - 1989年9月)
    • 山家久美(アシスタント 1980年10月 - )[2]
    • 赤間信子[3](ジャッキー赤間)(アシスタント)
    • 渡辺真由美(アシスタント)(番組ではダダーン真由美やボンレス真由美と名乗っていた)

役名・グッズなど[編集]

  • 図画工作 - 本間秋彦の番組中でのキャラクターの一つ。牡鹿町立漁業短期大学の先生ということになっている。
  • クジラくん - 本間秋彦の番組のキャラクタの1つ[2]
  • ボブ - 本間秋彦の番組のキャラクタの1つ。「ほほーん、ばがおめー」が口癖で番組ジングルにもなる。モデルとなる人物は本間秋彦の友人で番組内に1度だけ出演し、「ほほーん、ばがおめー」と一言だけ発言した。
  • 顔面コピー - 本間秋彦の顔面のコピー。妊娠するので注意と本人により説明されていた。
  • 魔呼びふだ(魔呼びステッカー)
  • シャイン - パーソナリティの写真にサインを加えたもの(佐藤育美のみ)。ADも一緒に写っていることがある。

主なコーナー[編集]

月曜のコーナー[編集]

  • 長子の秘密情報局[4]
  • 長子のいらっしゃいまほー(リスナーと電話でトーク)[4]
  • 今週の早口言葉
    (高橋長子がリスナー作の早口言葉に挑戦、言えなかった場合は当日の週のオリコン誌がプレゼントされた)[5]
  • 未婚の理由[6]
  • 今週のあら探し[6]
  • 保健室だより[6]
  • 今週のわらしべ長者(ボールペンから始めていった物々交換企画。最終目標は億ションだったという)[7]
  • 愛にタロット[8]
  • 育美とデート[9]
  • 育美のうしろ(夏季限定の怪奇体験談)
  • それって変!
  • 禁断のエクスタシー

火曜のコーナー[編集]

  • 今週のおっとぼけヤロー
    (“おとぼけ度”によって「ヒューッ、ポン!」という効果音の長さが決まる。おとぼけ度が無いと音が出ない場合もあった)[4]
  • マナミの人生ってそんなもんじゃない[4]
  • そんなもん知らねえよ[10]
  • しりとればとなりの尻とった (リスナー同士の電話しりとり対決)[2]
  • 横のものを縦にすると (外来語(横文字)漢字平仮名のみの日本語で表現)[11]
  • おかあさんとヨイッショ!!
    (リスナーが家族と一緒に電話出演、リスナーが家族にゴマをすって、その“ゴマすり度”によって最高1,000円のお小遣いがプレゼントされていた)[12]
  • 輝け!TBC USO番組大賞[13]
  • 夜霧よ今夜もリコーダー
  • 若りす本舗
  • 私って、おも子ちゃん?(思いこんでいた事や勘違いしていた事を告白する)

水・木のコーナー[編集]

  • 方言クリニック[4]
  • 恋は水玉 (リスナー同士の文通)[2]
  • 歌さんの川柳教室
    (佐藤辰雄ディレクターが寄せられた川柳に批評を付けた。“歌さん”とは佐藤Dの愛称で、桂歌丸に風貌が似ていることから)[5]
  • 若りす・歌の採点
    (リスナーから寄せられた、自分でが歌った歌を録音したカセットテープの中から毎回2本を放送。審査員もリスナーから電話で募集し、2本の内どちらが良いかを選んでもらっていた)[14]
  • ジングル大作戦[6]
  • 俺が黒澤だ (黒澤明になったつもりで映画のタイトル、ストーリー、キャストを考える)[11]
  • ガンバレ高望山[11]
    (高望山を始めとする宮城出身力士への応援メッセージ募集の他、当時宮城出身の幕内力士がいなくなっていたことから、どうすれば幕内力士を育てられるかというリスナーの案も募集していた)[11]
  • ニュースの田んぼ[13]
  • あなたの知らない世界(恐怖体験をモチーフにした、笑えるネタを紹介)[13]
  • 江川卓の相談室(リスナーからの疑問・質問に本間が江川の声真似で答えていた)[13]
  • 若りす三原則(あらゆる「三原則」ネタを紹介)[13]
  • 若りす寄席(主になぞかけネタを募集)[13]
  • 何でもベストテン
  • なぜなんだスティーブ
  • 街角シンデレラ(リスナーからの情報が基の公開捜索企画。リスナーから捜して欲しい人についても募集していた)[7]
  • 今日のリピート
    (22時台頭のコーナー。リスナーが電話で出演してその日の21時台の放送からもう一度聴きたい部分をリクエスト、スタッフが録音テープの中から時間内に捜し出していた)[4]
  • くじら君のそれ知らんっとってんちんとんしゃん
  • 来週のサザエさん
  • ボンレス真由美の悶絶クイズ
  • 夜の密室
  • ヘンなリクエスト(コミックソング、俳優の知られざる歌唱曲、知る人ぞ知るアニメソングなど、一般的な「リクエスト」のコーナーでは扱われないような曲のリクエストを受け付けていた)

その他[編集]

  • 河北新報ニュース(本間が特にニュース担当のアナウンサーを弄るケースがあり、余りの弄りにニュースセンターから突っ込みを入れるアナウンサーもいた。
  • 杜の都でファミリークイズ&プロ野球クイズ[8][15](ファミリークイズは10月から3月末まで、プロ野球クイズは4月から9月まで、当番組ではクイズの当選者も発表しプロ野球~は当日の経過・結果とクイズ当選者を発表し野球を余り知らない佐々木は淡々と伝え、それとは対照的に本間は自分のコメントをつけつつ伝えていた)
  • 若りす別冊新年号
    1990年1月1日の午前1時 - 午前7時までオールナイトで放送された特番。当時の全パーソナリティ、高橋・佐々木・本間の3人が総出演で放送。それまでのボツはがきの中から選ばれたリスナーの家に佐々木がラジオカーで訪れ、はがきの添削指導をしていた「夜の家庭訪問」、高橋・本間の掛け合いによるドラマ「夜の冗談劇場」、「方言ベスト10」、「変なリクエスト特集」などの企画が放送された。そして初日の出が昇る時には、仙台市内のNTT送信所に佐々木とリスナー約200人が集合し「カップヌードルを食べながら初日の出を拝もう」という企画を行い、生中継された)[14][6]
  • 公開録音イベント(富士通のPC「FM-TOWNS」プロモーションイベント「電脳遊園地」内で開催されたこともあった)
  • ハガキ供養(1990年3月31日大崎八幡宮にて実施)[7]
  • 読みのこしハガキフラッシュ(各曜日エンディング前のコーナー)[16]

内包番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊ラジオパラダイス 1990年3月号 p.20「人気番組のディレクターお見せします」
  2. ^ a b c d 月刊ラジオパラダイス 1989年12月号 p.71「ホット・インフォメーション」
  3. ^ 実姉はフリーアナウンサーの赤間裕子
  4. ^ a b c d e f 月刊ラジオパラダイス 1989年2月号 p.112 - 113
  5. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1990年1月号 p.71「ホット・インフォメーション」
  6. ^ a b c d e 月刊ラジオパラダイス 1990年3月号 p.72「ホット・インフォメーション」
  7. ^ a b c 月刊ラジオパラダイス 1990年1月号 p.73「ホット・インフォメーション」
  8. ^ a b ラジオ新番組速報版三才ブックス)1991年春号 p.38「東北放送番組表」
  9. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1993年秋号 p.32「東北放送番組表」
  10. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1993年春号 p.32「東北放送番組表」
  11. ^ a b c d 月刊ラジオパラダイス 1990年4月号 p.71「ホット・インフォメーション」
  12. ^ 月刊ラジオパラダイス 1990年7月号 p.73「ホット・インフォメーション」
  13. ^ a b c d e f 月刊ラジオパラダイス 1990年8月号 p.70「ホット・インフォメーション」
  14. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1990年2月号 p.74「ホット・インフォメーション」
  15. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1991年秋号 p.36「東北放送番組表」
  16. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1989年春号 p.84「東北放送番組表」
東北放送 (月~木)21:00~23:00枠
前番組 番組名 次番組
今夜もラジオ!ハッピーナイト
男女りすなぁ若者語
独占!ラジオ丼〜生でゴメンネッ!〜(通称:ラジ丼)