男子第56回・女子第51回全日本学生バスケットボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

男子第56回・女子第51回 全日本学生バスケットボール選手権大会(だんしだい56かい・じょしだい51かい ぜんにほんがくせいバスケットボールせんしゅけんたいかい)は、2004年11月29日から12月5日まで7日間にわたって国立代々木競技場第一・第二体育館で行われた全日本学生バスケットボール選手権大会[1]

今大会より出場校を4ブロックに分けて予選を行い各ブロックを勝ち上がった4チームによる総当たりの決勝リーグで優勝チームを決める従来の方式から完全なるトーナメント制へと方式が改められた。また出場校数が男女各48校から各32校へと削減された。

日程[編集]

  • 11月29日 - 男女1回戦
  • 11月30日 - 男女1回戦
  • 12月1日 - 男女2回戦
  • 12月2日 - 男女3回戦
  • 12月3日 - 男女5~8位決定戦・女子準決勝
  • 12月4日 - 男女順位決定戦・男子準決勝
  • 12月5日 - 男女3位決定戦・男女決勝・閉会式

会場[編集]

  • 代々木第一体育館
  • 代々木第二体育館

出場校[編集]

男子[編集]

北海道・東北
関東
北信越・東海
近畿
中国・四国
九州

女子[編集]

北海道・東北
関東
北信越
東海
近畿
中国・四国
九州

試合結果[編集]

  • Y2…代々木第二体育館
  • Y1…代々木第一体育館(A・B)

男子[編集]

1回戦
日時 Y2 Y1B
29日12:00 札幌大 50 - 69 愛知学泉大
29日13:30 拓殖大 92 - 66 倉敷芸術科学大
29日15:00 東北学院大 79 - 108 青山学院大 明治大 90 - 72 浜松大
29日16:30 東海大 103 - 54 九州国際大 鹿屋体育大 69 - 84 早稲田大
29日18:00 徳山大 51 - 102 大東文化大 日本大 119 - 61 愛媛大
30日12:00 金沢大 60 - 64 近畿大
30日13:30 中京大 67 - 77 順天堂大
30日15:00 日本体育大 107 - 59 大阪産業大 秋田経済法科大 80 - 95 筑波大
30日16:30 甲南大 77 - 83 専修大 京都産業大 113 - 83 九州産業大
30日18:00 慶應義塾大 127 - 60 北海道教育大岩見沢 金沢工業大 55 - 77 法政大
2回戦
日時 Y2 Y1B
1日12:00 明治大 68 - 83 青山学院大
1日13:30 東海大 83 - 66 愛知学泉大
1日15:00 日本体育大 84 - 56 筑波大 拓殖大 68 - 67 大東文化大
1日16:30 京都産業大 76 - 98 専修大 日本大 84 - 74 早稲田大
1日18:00 慶應義塾大 89 - 53 近畿大 順天堂大 80 - 93 法政大
3回戦
日時 Y2 Y1
2日16:20 東海大 69 - 77 専修大 日本大 87 - 77 法政大
2日18:00 慶應義塾大 101 - 89 青山学院大 日本体育大 73 - 94 拓殖大
5~8位決定戦
日時 Y2
3日13:00 東海大 70 - 83 日本体育大
3日14:40 法政大 99 - 87 青山学院大
7位決定戦
日時 Y2
4日13:20 東海大 94 - 78 青山学院大
5位決定戦
日時 Y2
4日15:00 日本体育大 88 - 73 法政大
準決勝
日時 Y2
4日16:40 拓殖大 71 - 89 専修大
4日18:20 慶應義塾大 82 - 79 日本大
3位決定戦
日時 Y2
5日12:40 日本大 81 - 78 拓殖大
決勝
日時 Y2
5日16:00 慶應義塾大 77 - 72 専修大

女子[編集]

1回戦
日時 Y2 Y1A
29日10:30 大阪体育大 73 - 85 専修大
29日12:00 立命館大 76 - 45 愛知大 日本女子体育大 76 - 56 仙台大
29日13:30 札幌大 45 - 72 大阪人間科学大 広島大 67 - 62 西南女学院大
29日15:00 愛知学泉大 135 - 40 北海道浅井学園大
29日16:30 長野経済短大 62 - 65 東京女子体育大
29日18:00 桜花学園大 81 - 45 青山学院大
30日10:30 武庫川女子大 73 - 65 東京学芸大
30日12:00 沖縄国際大 35 - 108 日本体育大 玉川大 80 - 57 東北学院大
30日13:30 筑波大 115 - 52 徳山大 早稲田大 69 - 41 福岡教育大
30日15:00 天理大 53 - 81 松蔭大
30日16:30 白鴎大 75 - 65 信州大
30日18:00 愛媛女子短大 64 - 85 鹿屋体育大
2回戦
日時 Y2 Y1A
1日10:30 武庫川女子大 104 - 63 松蔭大
1日12:00 白鴎大 77 - 76 日本体育大 愛知学泉大 54 - 57 専修大
1日13:30 筑波大 83 - 57 玉川大 立命館大 65 - 40 広島大
1日15:00 日本女子体育大 60 - 67 大阪人間科学大
1日16:30 桜花学園大 81 - 50 東京女子体育大
1日18:00 早稲田大 54 - 82 鹿屋体育大
3回戦
日時 Y2 Y1
2日13:00 立命館大 99 - 100 白鴎大(WOT) 桜花学園大 57 - 80 鹿屋体育大
2日14:40 筑波大 90 - 86 専修大(WOT) 武庫川女子大 51 - 71 大阪人間科学大
5~8位決定戦
日時 Y1
3日15:30 武庫川女子大 78 - 73 桜花学園大(OT)
3日17:10 立命館大 60 - 63 専修大
準決勝
日時 Y2
3日16:20 大阪人間科学大 76 - 62 白鴎大
3日18:00 筑波大 78 - 68 鹿屋体育大
7位決定戦
日時 Y2
4日10:00 桜花学園大 68 - 75 立命館大
5位決定戦
日時 Y2
4日11:40 武庫川女子大 67 - 81 専修大
3位決定戦
日時 Y2
5日11:00 鹿屋体育大 94 - 68 白鴎大
決勝
日時 Y2
5日14:20 筑波大 69 - 65 大阪人間科学大(OT)

順位[編集]

順位 男子 女子
大学名 備考 大学名 備考
優勝 慶應義塾大学 45年ぶり6回目 筑波大学 17年ぶり8回目
準優勝 専修大学 大阪人間科学大学
3位 日本大学 鹿屋体育大学
4位 拓殖大学 白鴎大学
5位 日本体育大学 専修大学
6位 法政大学 武庫川女子大学
7位 東海大学 立命館大学
8位 青山学院大学 桜花学園大学

表彰[編集]

タイトル 男子 女子
選手名 所属 備考 選手名 所属 備考
得点王 竹内公輔 慶應義塾大№13、2年 85点 永石春奈 鹿屋体育大№7、3年 81点
3P王 末廣潤 法政大№11、2年 16本 永石春奈
川村良子
鹿屋体育大№7、3年
専修大№5、4年
15本
リバウンド王 竹内公輔 慶應義塾大№13、2年 OFF25本
DEF40本
合計65本
西里真由美 鹿屋体育大№4、4年 OFF11本
DEF28本
合計39本
アシスト王 小川伸也 法政大№5、3年 19本 平田紘美
小川菜実子
長滝希衣
鹿屋体育大№8、3年
白鴎大№10、2年
立命館大№9、3年
15本
ディフェンス王 伊藤拓郎 拓殖大№5、3年 稲本聡子 大阪人間科学大№6、2年
優秀選手 石田剛規 慶應義塾大№5、4年 鈴木あゆみ 筑波大№17、1年
優秀選手 竹内公輔 慶應義塾大№13、2年 稲本聡子 大阪人間科学大№6、2年
優秀選手 波多野和也 専修大№10、4年 平田紘美 鹿屋体育大№8、3年
優秀選手 日下光 日本大№4、4年 花田裕美 白鴎大№6、3年
MIP 志村雄彦 慶應義塾大№4、4年 田渕明日香 筑波大№4、4年
敢闘賞 中川和之 専修大№6、4年 石川誓 大阪人間科学大№4、4年
MVP 志村雄彦 慶應義塾大№4、4年 田渕明日香 筑波大№4、4年

脚注[編集]

関連項目[編集]