男成神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男成神社
Otokonari jinjya.JPG
男成神社
所在地 熊本県上益城郡山都町男成519
位置 北緯32度41分08.3秒
東経131度01分37.4秒
座標: 北緯32度41分08.3秒 東経131度01分37.4秒
主祭神 天照皇大神
神武天皇
神八井耳命
社格 郷社
創建 神武天皇76年(社伝)
本殿の様式 入母屋造
別名 男成大明神
祇園宮
例祭 4月3日、4日
テンプレートを表示

男成神社(おとこなりじんじゃ)は、熊本県上益城郡山都町に鎮座する神社である。旧社格郷社[1]

由緒[編集]

社伝によれば、神武天皇76年、神武天皇の孫である健磐竜命阿蘇神社の主祭神)が行宮を建て皇祖を祀ったことがおこりであるという[2]

舒明天皇12年(640年)、阿蘇大宮司が阿蘇十二神を勧請し社殿を建て、阿蘇神社の分社とした。建久3年(1192年)には、祇園宮を相殿に奉斎し、祇園宮と称した。男成という社名の由来は、阿蘇大宮司家代々の元服が行われたためである。明治8年(1875年)郷社に列した[2]

祭神[編集]

例祭日[編集]

  • 4月3日、4日

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 熊本日日新聞編纂・発行『熊本県大百科事典』、1982年、121頁
  2. ^ a b 矢部町史編さん委員会編纂・発行『矢部町史』1983年、557-558頁

参考文献[編集]

  • 熊本県上益城郡編『上益城郡誌』1921年、403-404頁(名著出版復刻、1973年)
  • 鈴木喬 『熊本の神社と寺院』 熊本日日新聞社、1980年、76-77頁
  • 日本歴史地名大系44『熊本県の地名』平凡社、1985年、601頁
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43 熊本県』角川書店、1987年、271頁