男衾郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埼玉県男衾郡の範囲(薄黄:後に他郡から編入された区域)

男衾郡(おぶすまぐん)は、埼玉県武蔵国)にあった東武東上線男衾駅などにその名をとどめる。

郡域[編集]

現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

歴史[編集]

古代[編集]

古墳群が多い北武蔵でも特に多く、野原古墳群(「踊る埴輪」が出土)、塩古墳群、鹿島古墳群など。延喜式神名帳に3社(小被、出雲乃伊波比、稲乃賣神社)記されているなど、人口も多かったとみられる。ただし、中世以降に郡域の変更が重なったため、明治期と古代では範囲も異なる。

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 14村 折原村、●赤浜村、木呂子村、●白岩村、木持村、内宿村、甘粕村、関山村、保田原村、露梨子村、小園村、富田村、牟礼村、靭負村
旗本領 9村 ●今市村、秋山村、三品村、西ノ入村、木部村、勝呂村、●野原村、小江川村、塩村
幕府領・旗本領 7村 千代村、柴村、板井村、●本田村、●畠山村、鷹巣村、須賀広村
幕府領・藩領 幕府領・旗本領・武蔵忍藩 1村 西古里村
その他 寺社領 2村 立原村、藤田村
21.男衾村 22.折原村 23.鉢形村 24.小原村 25.本畠村(紫:熊谷市 桃:深谷市 赤:寄居町 1 - 11は大里郡 31 - 42は幡羅郡 51 - 64は榛沢郡)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の村が発足。(5村)
    • 男衾村 ← 富田村、牟礼村、今市村、赤浜村、西古里村、鷹巣村(現寄居町)
    • 折原村 ← 折原村、立原村、三品村、秋山村、西ノ入村(現寄居町)
    • 鉢形村 ← 鉢形村、保田原村、小園村、露梨子村(現寄居町)
    • 小原村 ← 小江川村、野原村、須賀広村、千代村、柴村、板井村、塩村(現熊谷市)
    • 本畠村 ← 本田村、畠山村(現深谷市)
    • 木部村・木呂子村・勝呂村・靱負村が比企郡竹沢村の一部となる。
    • 藤田村が榛沢郡寄居町の一部となる。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 大里郡・幡羅郡・榛沢郡・男衾郡の区域をもって、改めて大里郡が発足。同日男衾郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
大里郡