男鹿市強盗殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

男鹿市強盗殺人事件(おがしごうとうさつじんじけん)とは、1994年10月に秋田県男鹿市に住む冷菓会社従業員の女性(当時65歳)が自宅で絞殺体で発見された事件秋田県警での正式名称は男鹿市五里合地内における強盗殺人事件

2009年10月殺人罪公訴時効(15年)を迎えた(未解決事件)。

事件の概要[編集]

1994年10月16日の早朝、秋田県男鹿市五里合にある被害者の自宅を親せきが訪ねたところ、自宅の1階の寝室で被害者が亡くなっているのを発見し、事件が発覚した。犯行日は10月14日ごろと見られている。

死因は首を絞められたことによる窒息死で、他にも鈍器で殴られたような傷があった。寝室の押入れにあった耐火性金庫(重さ80kg)が無くなっており、現在まで耐火性金庫は発見されていない。

その後の捜査で、事件に使われたと見られる白いひもや犯人が落としたらしいタバコが自宅から見つかった。また残された足跡から単独犯との見方を強めていた。