町田公雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
町田 公雄
基本情報
出身地 日本の旗 日本 千葉県銚子市
生年月日 (1951-03-05) 1951年3月5日(68歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1974年 ドラフト5位
初出場 1976年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

町田 公雄(まちだ ひさお[読み方の出典は月刊タイガース創刊号]1951年3月5日 - )は千葉県出身の元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

銚子商では1968年春の甲子園に出場、準々決勝に進出するが倉敷工に敗退[1]。同年夏の甲子園県予選でも決勝に進むが、千葉商に敗れ甲子園出場を逸する。高校の同期生に市原明杉山茂がいる。

卒業後は日本石油野球部(現:JX-ENEOS野球部)に進み、1969年から都市対抗野球大会の常連として活躍。1971年同大会ではチームの準々決勝進出に貢献[2]。全日本入りも果たした。

1974年ドラフト5位で阪神タイガースに入団[3]1976年に一軍に上がり、6月には左翼手、八番打者として初先発、同年は12試合に先発出場を果たす。翌1977年には46試合に出場したものの、1978年は出場機会が無く同年限りで退団した。社会人屈指の強打者として期待されたが、守備が課題で代打としての起用が多かった。若菜嘉晴の前に、背番号39をつけていた選手である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 阪神 39 59 54 3 10 2 0 0 12 1 1 1 0 1 4 0 0 9 2 .185 .237 .222 .460
1977 46 47 45 7 10 4 0 1 17 2 1 0 0 0 1 0 1 12 1 .222 .255 .378 .633
通算:2年 85 106 99 10 20 6 0 1 29 3 2 1 0 1 5 0 1 21 3 .202 .245 .293 .538

背番号[編集]

  • 39 (1975年 - 1978年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ “過去のドラフト 第10回(1974年)”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/history/history1974.html 2020年2月16日閲覧。 

関連項目[編集]