町田勝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

町田 勝彦(まちだ かつひこ、男性、1943年6月22日 -)は、日本の企業経営者。営業畑出身で姻族継承者。前・シャープ社長、2007年4月から会長。2012年4月から相談役。二代目社長・佐伯旭岳父

来歴・人物[編集]

1943年(昭和18年)6月22日、大阪府で誕生。大阪府立天王寺高等学校卒業、京都大学農学部に進学。在学中スキー部主将を務めた[1][2]

1969年(昭和44年)、早川電機工業(翌年シャープに社名変更)に入社。営業畑を歩み、1987年(昭和62年)に取締役、1990年(平成2年)に常務取締役、1992年(平成4年)には代表取締役専務取締役に就任し、1998年(平成10年)には、代表取締役社長に就任する。

社長に就任中は、液晶テレビ太陽電池などの事業に力を入れ、同社の世界シェアを一位にすることに成功したが、のちに液晶価格の急落などで経営危機を招くことになった[3]

2007年4月1日からは、シャープ始まって以来初の代表取締役会長に就任(後任社長は片山幹雄)し二頭政治化を進めた[3][4]。その他には積水ハウス取締役も務めている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「特別レポート責任をとって辞めたらどう? シャープをダメにした「三悪人」 相談役 町田勝彦会長 片山幹雄 社長 奥田隆司」現代ビジネス2012年10月15日
  2. ^ 【時代のリーダー】町田 勝彦・シャープ社長 日経ビジネス 2009年6月8日
  3. ^ a b 「特別レポート責任をとって辞めたらどう? シャープをダメにした「三悪人」 相談役 町田勝彦会長 片山幹雄 社長 奥田隆司」現代ビジネス2012年10月15日
  4. ^ シャープ社長に奥田氏昇格 町田会長は相談役に msn産経ニュース 2012年3月14日
先代:
辻晴雄
シャープ社長
第4代:1998年 - 2007年
次代:
片山幹雄