町田章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

町田 章(まちだ あきら、1939年2月5日 - 2011年7月31日)は、考古学者(中国考古学)、独立行政法人文化財研究所理事長。前奈良国立文化財研究所所長。

人物[編集]

香川県善通寺市生まれ。

1962年に関西大学文学部を卒業した後に立命館大学大学院に進み、東洋思想専攻修士課程を学ぶ。1964年に大学院を修了後、奈良国立文化財研究所に入所し、数々の遺跡発掘調査に携わった。特に1988年に長屋王木簡を発掘したことが知られる。

日本考古学協会日本考古学会考古学研究会に所属した。また奈良国立文化財研究所の平城宮跡発掘調査部長や文化庁文化財鑑査官などの要職を歴任した。

2009年に瑞宝中綬章を受章。

2011年7月31日、肺がんのため奈良市の自宅で死去。72歳没[1]

主な著書・共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 時事ドットコム:町田章氏死去(前奈良文化財研究所長)