町田重備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

町田 重備(まちだ しげとも、文久元年8月11日[1]1861年9月15日) - 大正11年(1922年2月12日[2])は、日本の逓信官僚錦鶏間祗候

経歴[編集]

東京府に横瀬貞幹の二男として生まれ、町田きくの養子となった[1]1877年明治10年)に陸軍士官学校に入るが病のため退学した[1]1883年(明治16年)、東京外国語学校仏語簡易科(現在の東京外国語大学)を卒業[1]。その後帝国大学書記を務めた後、帝国大学法科大学に入学し、1888年(明治21年)に卒業した[1]枢密院雇、法制局参事官試補、衆議院書記官を経て、1895年(明治28年)に逓信書記官となった[3]。逓信省では京都郵便電信局長、神戸郵便電信局長、大阪郵便局長、逓信省経理局長を歴任した[3]1913年(大正2年)、退官[3]1915年(大正4年)7月9日に錦鶏間祗候を仰せ付けられた[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 人事興信録 1911.
  2. ^ 『官報』第2861号、大正11年2月17日。
  3. ^ a b c 町田重備特旨叙位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11113003200 
  4. ^ 『官報』第882号、大正4年7月10日。

参考文献[編集]