畑山茂雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

畑山茂雄(はたけやま しげお、1977年3月9日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は円盤投2007年世界選手権日本代表青森県立黒石高等学校日本体育大学卒業。青森県出身。

経歴[編集]

日体大卒業後ゼンリンに入社。2000年、日本選手権で優勝。以後勝ち続け、2004年に日本選手権5連覇を達成した。2006年の日本選手権では7連覇がかかっていたが、若手選手の小林志郎に僅差で敗れ、連勝記録はストップした。2007年6月3日、第3桑員地区記録会で60m10の日本歴代2位の記録をマークし、川崎清貴以来の60m投擲者となった。日本選手権では小林志郎らを退けて優勝。地元開催の世界選手権への出場を果たした。

2016年12月、現役引退を表明[1]

備考[編集]

  • 日体大時代には十種競技にも出場したことがあり、1996年の群馬リレーカーニバルでは6584点を記録している[2]
  • 2007年世界選手権のTBSによるテレビ放送の中で、「日本の円盤王子」とネーミングされた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 畑山茂雄 ゼンリン陸上競技部 引退のお知らせ”. ZENRIN陸上競技部 (2016年12月1日). 2016年12月4日閲覧。
  2. ^ 男子 十種競技(PDF)