畑嶺明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

畑 嶺明(はた みねあき、1943年5月13日[1] - )は、日本脚本家東京都出身。

人物[編集]

最初は「島津 元[注釈 1]の芸名で俳優として活動し(秋野太作らと同期)、木下恵介アワー兄弟』(TBS、浅川信吾 役)、『俄-浪華遊侠伝-』(TBS、新撰組隊士役)などに出演していた[2][3]が、後に俳優を辞めて脚本家に転向。『俺たちの旅』『俺たちの朝』『太陽にほえろ!』など1970年代のテレビドラマで多数のヒット作を手掛けた。

その後もヒット作として『ゆうひが丘総理大臣』『噂の刑事トミーとマツ』『毎度おさわがせします』『アナウンサーぷっつん物語』がある。

エロチックコメディや業界ドラマシリーズの開拓者としても知られる。

特に1980年代後半は民放各局のテレビドラマを連投・掛け持ちするなどヒットメーカーとして活躍した。

1990年以降は、吉本新喜劇の脚本・演出にも携わるなど活動の幅を広げている。

その後『キッズ・ウォー』シリーズを全て手掛け、同シリーズはTBS系の昼ドラ最高視聴率17.6%を記録した。

2009年春に「演劇やろう会」を結成。年1回の公演を行っている。

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

※西暦は番組参加開始年。年度越えする場合あり

舞台[編集]

  • 2010年
    • グッド・ファミリー(脚本、演出)
  • 2011年
    • 今日は明日へと必ず変わる(脚本、演出)
  • 2012年
    • 家族ウォーズ(脚本、演出)
  • 2013年
    • 神様がくれた贈り物(脚本、演出)
  • 2014年
    • 新グッドファミリー(脚本、演出)
  • 2015年
    • 明日がある!(脚本、演出)
  • 2016年
    • 生きている!(脚本、演出)
  • 2017年
    • 陽だまりの家族(脚本、演出)
  • 2018年
    • 新・家族ウォーズ (脚本、演出)
  • 2019年
    • 練馬版・父帰る (脚本、演出)

書籍[編集]

漫画[編集]

oh!体験時代 全5巻 漫画:ますなが芳 講談社(原作)

テレビ出演[編集]

ドラマ出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ これ以前に佐分利信1931年から1935年の間、「島津 元」の芸名を名乗っていた。

出典[編集]

  1. ^ 『キッズ・ウォー~ざけんなよ~SPECIAL BOOK』学研、2002年、158頁より引用
  2. ^ 昭和40年男』2021年2月号(クレタパブリッシング)p.132より。
  3. ^ テレビドラマデータベース「島津元」

参考文献[編集]

  • 『キッズ・ウォー~ざけんなよ~SPECIAL BOOK』学研、2002年。

関連項目[編集]