留山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

留山(とめやま)とは江戸時代に管理・支配された山林[1]。入山・狩猟伐採が禁止されていた[2]

多くは藩の収益上の目的で設定されたが、保安目的あるいは狩猟目的でも設定された[2]

入会紛争解決までの一定期間入山禁止になる山を留山と称した場合もある[2]。また、採鉱を休止している鉱山を留山と称した場合もある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 留山”. コトバンク. 2018年6月28日閲覧。
  2. ^ a b c d 所三男 1973, p. 277.

参考文献[編集]

関連項目[編集]