留平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

留 平(りゅう へい、? - 272年)は、中国三国時代武将揚州会稽郡長山県の人。父は留賛。兄は留略。妻は陸凱の娘。子は留憲(鎮軍将軍、西陵都督)、留慮(水軍督)、留雲。[1]

生涯[編集]

永安六年(263年)11月、皇帝の孫休蜀が魏に攻められると、大将軍の丁奉に諸将を率いて寿春に向かわせ、将軍の丁封孫異には沔中へ軍を進めさせ、将軍の留平には南郡の施績の元に遣わせて軍をどの方向へ出すかを検討させた。劉禅に降伏すると、これらの軍事行動は取り止められた[2]

永安七年(264年)2月、征西将軍に昇進した留平は、撫軍将軍の歩協、鎮軍将軍の陸抗、建平太守の盛曼らと共に、永安を守備する羅憲を攻めたが勝てず、更に半年包囲を続けたが、胡烈が二万の兵で救援に現れたため、軍勢をまとめて引き上げた[3]

甘露二年(266年)、丁忠が西晋より帰還すると、皇帝の孫皓は群臣を集めて盛大な宴会を催したが、王蕃が酔った振りをしているとして怒り、側近に王蕃の処刑を命じた。衛将軍の滕牧と留平が取り成しをしたが聞き入れられず、結局王蕃は処刑された[4]

同じ年の宝鼎元年(266年)、丞相陸凱が孫皓の廃立を計画し、大司馬の丁奉、御史大夫の丁固の賛同を得たが、孫皓の護衛をしていた左将軍の留平に反対されたため断念したという[5]。一説には、留平と丁奉が仲が悪かったのが原因という。

建衡三年(271年)、孫皓が一族を引き連れ、突然華里に赴いたことを家臣が慌てて連れ戻した事件が起きた時、留平は丁奉や万彧とともに孫皓を見限るような発言をした。それを聞いた孫皓は留平達を憎むようになり、鳳凰元年(272年)、孫皓は留平と万彧に毒酒を飲ませ殺害しようとした。毒盛りの下手人が毒の量を減らしていたため二人とも死ななかったものの、この処遇にショックを受けて万彧は自殺をし、留平は不安と憤りのあまり1ヶ月あまりで死んだという[6]

出典[編集]

  1. ^ 『留氏族譜』
  2. ^ 『三国志』三嗣主伝
  3. ^ 『三国志』三嗣主伝
  4. ^ 『三国志』王蕃伝
  5. ^ 『三国志』陸凱伝
  6. ^ 『三国志』三嗣主伝に引く『江表伝』

参考文献[編集]